2018年11月29日 更新

旅をしながら働く 常識にとらわれない自由な生き方

「どんな場所でも生きていける。」このことを証明するために私は今、旅をしています。私は特別な人間ではありません。しかし今、確かに私は海外で旅をしながら生活を営むことができているのです。今回は私がどのように旅を続けているのか、自由な生き方についてお話をしていきます。

2018.11.11

現在のオーストラリアでの生活について

現在私はオーストラリアの最西端の街「パース」で生活をしています。ちょうど1ヶ月前までは北端の「ダーウィン」に、その数週間前には北東部にある「ケアンズ」で生活をしていました。そしてこの期間の間には、オーストラリア中を車で一周しながら生活をしていました。
パースではシェアハウスに住み、ライティングの仕事をしながら、プログラミングの勉強をこつこつとしています。
好きな時に好きな場所に観光に行ったり、ご飯を食べに行ったり、自由気ままに生活をしています。

かかっている費用

基本的にかかる費用は基本的に食費と家賃のみです。
家賃が週70ドルで日本円にして5,600円程度です。月にすれば2万4,000円。
食費は毎月150ドル(1万2,000円)もあれば十分なぐらいです。
観光や外食などは抜きにしてオーストラリア・パースでの生活はたった4万円程度で成り立たせることができるのです。
「車旅はお金がかかるじゃないか」と言われそうですが、それも実は秘密があります。オーストラリアやカナダ、ニュージーランド、アメリカなどにはレンタカーをほぼ「無料」で借りられるリロケーションシステムというものがあります。
これは同じレンタカー会社のA支店からB支店へと車を移さないといけない時に、顧客に無料または1日1ドル程度のレンタカー費用で貸し出して乗り捨てをお願いするシステム。これを使えば広大なオーストラリアの街から街を格安で移動することができるのです。

どのように海外で生活しているか

37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。
長崎の冬を彩る大イベント 長崎ランタンフェスティバルに行こう

長崎の冬を彩る大イベント 長崎ランタンフェスティバルに行こう

長崎は、江戸時代の鎖国の時にも、日本で唯一海外と接触を持ち交易を行っていた所です。そのため、キリスト教の教会や唐人町、中国系のお寺などがあり、西洋や中国文化の影響を色濃く受けてきました。そうした多文化の町長崎の冬を彩るのが「ランタンフェスティバル」です。
一生に一度は行きたい!富裕層気分が味わえるイタリア・シエナのホテル

一生に一度は行きたい!富裕層気分が味わえるイタリア・シエナのホテル

ルネサンス時代に大輪の花を咲かせた都市国家フィレンツェ。その最大のライバルであったのがシエナです。美しいルネサンス時代そのままのような都市には、日本人女性とそのファミリーが運営するラグジュアリーな邸宅が存在感を示しています。
【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

私は現在オーストラリアを旅しながら生きています。今の生活に至った一つのきっかけとして挙げられるのが沢木耕太郎著『深夜特急』。フィリピンから上海に旅立つ時から読み始めた名著。今回は作品から学んだ生き方について紹介していきます。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部