2019年2月12日 更新

レジ袋は革新素材のライメックスに! プラゴミを減らそう

地球規模で懸念されているマイクロプラスチック問題。世界ではプラ製品の使用中止と、代替素 材の製品化が求められています。注目されるのは、石灰石を原料とした日本発の新素材LIMEX (ライメックス)(ライメックス)。一体どんな魅力があるのでしょうか。

gettyimages (30791)

2019.2.12

石灰石由来の新素材が地球と人類を救う

gettyimages (30796)

海に流出するプラスチックゴミが世界的に問題となっています。その量、実に年間800 万トン以上。日本でも、2018 年8月に鎌倉市の由比ガ浜に、絶滅危惧種であるシロナガスクジラの赤ちゃんが漂着し、胃の中からプラゴミが見つかって問題となりました。
プラスチックは石油由来の樹脂から作られる素材で、基本的に自然分解せず紫外線や波で砕けるだけ。それがいわゆる「マイクロプラスチック」となり、有害物質を吸着して魚などに取り込まれてしまいます。人間の棄てたプラゴミが他の生命を脅かし、食料ともなる魚介類を汚染するかもしれないと懸念が高まっているのです。
プラスチックに代わる新素材の製品化が求められる現在、かねてから熱い視線を受けてきた日本発の新素材があります。株式会社TBM が自社開発したLIMEX(ライメックス)(ライメックス)です。石灰石を主原料とするもので、日本で100%まかなえる資源を用いて環境に害を与えず、生分解性プラスチックよりも安く製造できるというのが大きな魅力です。

日本発の新素材LIMEX(ライメックス)と100%バイオ由来の 新素材Plax

gettyimages (30818)

TBM がLIMEX(ライメックス)の自社開発を始めたのは2010 年頃で、16 年から販売を開始しました。LIMEX(ライメックス)は石灰石を主原料とする「ストーンペーパー」の一種。通常、1トンの紙を生産するのに20 本の樹木が伐採され100 トンの水が使用されます。しかし、LIMEX(ライメックス)は主原料が石灰石なので樹木の大量伐採が不要で、水も使用しません。石灰石0.6~0.8 トンとポリオレフィン約0.2~0.4 トンから1 トンのLIMEX(ライメックス)シート(紙代替素材)を作れるため、廃棄後に地球に害を与えにくいだけでなく、環境に低負荷な製造工程で作られています。
また、LIMEX(ライメックス)は従来のストーンペーパーを大きく引き離す高い品質を保持しています。その結果、名刺、メニュー表、ポスター、社内向けリーフレットなど、住友生命や三幸製菓株式会社、吉野屋といった大手企業も含め、多くの会社に導入されてきました。名刺にいたっては、ベンチャーから大企業まで2400 社以上が利用しているといいます。
ただ、LIMEX(ライメックス)は石油由来の樹脂を2~4 割含むため、完全な生分解性素材とは言えません。そこで、ポリオレフィン樹脂を100%バイオ由来、かつ100%生分解性素材に置き換えた「生分解性LIMEX(ライメックス)」を開発しています。同時に、グループ会社であるバイオワークス株式会社が開発・製造する100%バイオ由来の新素材「改質ポリ乳酸コンパウンドPlax(プラックス)」の製品化にも着手しました。

イベント、自治体、企業がLIMEX(ライメックス)利用に動き 出す

gettyimages (30805)

製造段階や廃棄後の環境負荷を中心に述べてきましたが、実のところ、LIMEX(ライメックス)の真価は半永久的なリサイクルが可能というところにあります。LIMEX(ライメックス)シートの端材やLIMEX(ライメックス)を用いた印刷物を回収・粉砕してペレットにし、プラスチック代替となる成形品をつくるというアップサイクルが可能で、しかも高効率で製造できるのです。もし再生ペレットが白色であれば、それを使って再びLIMEX(ライメックス)シートをつくることもできます。十分な埋蔵量のある石灰石をさらに節約しつつ利用し、製品の廃棄量も減らせるということです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

開け放たれた窓から見えるのは、抜けるような空と海の青。室内の華やかな黄色。 降り注ぐ陽光に目を細めて大きく深呼吸したくなります。開放感とくつろぎ。幸せだ・・・
香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

手ぶらでキャンプもいいけれど、自分で用品をそろえて楽しむキャンプは、より思い出深いイベントとなりそうです。 初心者がキャンプ用品をそろえると、いくらくらいかかるでしょうか。なお、キャンプ用品には防災用として活躍できるものもあります。キャンプ用品の種類と相場についてご紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座