2019年7月10日 更新

風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とは、風評が世間に広まり経済的被害が出ること。近年の福島県の例などから、被害拡大プロセスや対策が検討されてきました。拡大の主な原因はメディア報道。ネットも無視できません。風評被害対策をするなら「カイシャの病院」に看てもらうのも一つの手です。

gettyimages (42091)

2019.7.10

風評被害とは? 意味と近年の事例

gettyimages (42096)

風評被害とは、根拠のない噂が原因で生じる被害のこと。最近では、商品などの安全不信によって経済的被害が発生することを言う場合が多くなっています。
たとえば東日本大震災では、福島第一原発の事故をきっかけに、福島の農産物・水産物だけでなく茨城や東北太平洋沿岸の水産物も危険視される他、震災で他の地域へ避難した人たちが差別されるという事態が発生しました。

風評はどこから広がる? 風評被害拡大のプロセス

東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センターの関谷直也氏によれば、風評被害のプロセスには4段階あります。

【プロセス1】

社会で不安が拡大。消費者が不安を抱き、メディアも同様の批判を行う。ネットに不安を煽る書き込みが増え、事実関係が置き去りにされ、関係者は理不尽な批判を受ける。

【プロセス2】

不安や批判が増幅。危険性を指摘する情報自体は減少するが、取引関係者などが少数者の意見を増幅する。

【プロセス3】

不安・批判の増幅が負のスパイラルに陥る。クレームが出てこなくても、関係者が先回りして対応。「念のため取引はしない」が常態化する。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

批判は人格否定ではない。否定的フィードバックで絶望しないために

批判は人格否定ではない。否定的フィードバックで絶望しないために

仕事で批判を受けると自分が否定されたような気持ちになり、必要以上に重く考えてしまいがち。しかし、批判は決して人格の否定ではありません。有益なフィードバックのためには、批判する側もされる側も、事柄への批判と人格否定を区別する必要があります。
余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

SDGs(持続可能な開発目標)が話題になっています。SDGsとは、2030年までに達成すべきとされる世界共通の目標のこと。自治体や企業の活動だけでなく、私たちの休暇の過ごし方にも関わっています。レジャーとSDGsはどのような関係にあるのでしょうか。
ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集食品がそろそろ私たちの手元に届くかもしれません。近年では人間に対するゲノム編集も問題となりました。ゲノム編集とは何なのか、どんな規制があるのか、倫理的問題とは何か。かつてSFだった世界に、私たちは向き合わなければなりません。
完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。
第一印象をおろそかにしない! 世界基準の「見た目」とは

第一印象をおろそかにしない! 世界基準の「見た目」とは

他人を見た目で判断してはいけないと教えられた人は多いでしょう。しかし実際には、第一印象が重視されることが分かっています。活躍する人々は、見た目をおろそかにしません。世界基準の見た目を手に入れるには、匂いへの配慮やボディランゲージも重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座