2019年11月7日 更新

テストステロンを増やす栄養素とレシピを解説!男性の更年期対策にも

男性ホルモンの減少による男性更年期対策には、運動や食事、睡眠などでテストステロンを増やすことが大切です。その中でも食生活の改善は、手軽にできる対策の一つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な栄養素やレシピについて解説していきます。

タレの材料
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ2
・鶏ガラスープの素 大さじ1/2
まず、あらかじめタレの材料をすべて混ぜておきましょう。次に、フライパンに油を適量入れ、スライスしたニンニクを加え加熱します。ニンニクの色が変わり香りが出てきたところで、豚肉を加えましょう。豚肉の赤い部分がなくなったら、斜め切りした長ネギを加えて炒めてください。全体的に火が通ったところで、タレを加えて絡めます。最後にほぐした卵を加え、半熟になったところで火を止めてください。そしてご飯に乗せて完成です。
長ネギの代わりに、玉ねぎやニラなどを使ってもよいでしょう。卵の状態は好みに応じて変えてください。生が好きな人は最後に卵黄だけを乗せる、しっかり火が通ったほうが好みならば卵を加えた後によく炒めるなどしてください。

男性更年期対策レシピ②牡蠣とほうれん草の炒めもの

gettyimages (49344)

亜鉛が豊富な牡蠣とビタミン類が豊富なほうれん草を使った炒めもののレシピです。長ネギやニンニクも使っているため、テストステロン対策におすすめの栄養素を一度に摂取できる料理です。
次の食材を使用しましょう。
・牡蠣 150g
・ほうれん草 150g 
・長ネギ みじん切りで大さじ1
・生姜 みじん切りで大さじ1
・ニンニク みじん切りで大さじ1
・水100~200cc
・片栗粉
タレの材料
・醤油 大さじ1 
・酒 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・味の素 小さじ2
はじめに、タレの材料をすべて加えて混ぜておきましょう。次に、フライパンにゴマ油を適量入れて熱し、長ネギと生姜、ニンニクのみじん切りを加えて軽く炒めます。そして、牡蠣を加え軽く炒めてから水とタレを加えてください。火が通ったところでほうれん草を入れ、ほうれん草がしんなりするまで加熱します。最後に水溶き片栗粉を加えて軽く混ぜ完成です。
ほうれん草の代わりに小松菜にしてもよいでしょう。水の量やとろみは、好みに応じて変えてください。水の量を増やして、麺類やご飯を入れて食べるのもおすすめです。

まとめ

男性更年期対策には、テストステロン増加に効果的な食材を使った料理を継続的に食べることが重要です。今回紹介したレシピでは、豚肉の代わりに牛肉や鶏肉にしたり、牡蠣の代わりにホタテやレバーにしたりするなど代用が効くため、飽きずに続けることができるでしょう。テストステロン対策に効果的な栄養素の摂取は、筋トレ効果や睡眠の質を高めることにもつながります。このように、食生活の改善だけでも相乗効果が期待できるため、男性更年期の予防や対策の第一歩としては、食事内容を変えることからはじるとよいでしょう。
フィガロ

フィガロ

パーソナルトレーナー&コーチャー歴14年。生き方が多様化する現代だからこそ、一人ひとりに合ったパーソナルケアが重要です。心と体を連動させて活力のある毎日を送りましょう!!
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンの低下を防ぐ5つの習慣!日常の中で変えられる方法とは

テストステロンは、運動不足や不摂生、ストレスなどが原因で、働き盛りの30~40代の男性でも大きく低下することがあります。そこで今回は、テストステロンの低下を防ぐために、日常生活で変えたい5つのポイントについて解説していきます。
テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

テストステロンを効率的に増やす!下半身の集中筋トレ法

男性ホルモンの「テストステロン」を増やす方法に、体の中で特に大きな筋肉を持つ脚や体幹を集中的に鍛えるやり方があります。今回は、テストステロンを効率的に増やすための下半身集中トレーニングについて、ポイントや手順を解説していきます。
テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンのレベルを上げる!高強度トレーニングを徹底解説

テストステロンは、日々の活力や骨密度、筋肉量などと深い関わりがあります。強度の高いトレーニングは、そのテストステロン値を高める方法の1つです。そこで今回は、テストステロン増加に効果的な高強度トレーニングについて解説していきます。
テストステロンを安定して増やすためのストレス解消法

テストステロンを安定して増やすためのストレス解消法

やる気や集中力に関係するテストステロン分泌とストレスには深い関係があります。そこで今回は、テストステロン分泌を促すためのストレス解消法について解説していきます。ポイントは精神的な「休養」と、ストレスの「緩和」「解消」の3点です。
テストステロンを増やし疲れの原因解消!仕事力も上がる5つの方法

テストステロンを増やし疲れの原因解消!仕事力も上がる5つの方法

「仕事のやる気が出ない」「20代の頃のように体力が持たない」…このような状態に陥っていませんか?そんな状態は、男性ホルモンの「テストステロン」を増やすことで解決できます。今回は、テストステロンの分泌量を増やすために有効な5つの方法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座