2018年8月14日 更新

海外セレブ御用達!富裕層向けリゾート病院の最新設備に迫る

カリフォルニアのセレブたちが住まうビバリーヒルズに、巨大病院「シダーズサイナイ医療センター」があります。スクリーンを彩る有名セレブ御用達病院として、富裕層の患者が自由診療で贅を尽くした病室で治療を受けるイメージの強い病院の代表ではないでしょうか。

gettyimages (19328)

2018.8.12

富裕層を狙った米国ビバリーヒルズの「シダーズサイナイ医療センター」

gettyimages (19334)

A post shared by Seana Mendez (@seana_mendez) on

確かにスイートやエグゼクティブとつく病室は会議もできそうなハイクラスがいくつもあるのですが、意外とリーズナブルな個室もありアジアや南米からも難治症例を持つ患者が集まってきている病院でもあります。
診療科目での特筆は循環器、心臓外科とカテーテル処置に関しては先駆的に取り組んでいる病院です。一例を紹介すると、日本でも2013年に認可された治療ですが、大動脈弁不全症のカテーテル治療(TAVI)です。
以前は心臓の弁置換と言えば開胸手術となり、大手術でした。しかし、「シダーズサイナイ医療センター」では、カテーテルを使い心臓まで到達したところで不全となった弁の上から、新しい人工または生体弁を開き留置するという驚きの手技を欧米圏でいち早く導入しました。
もちろん傷口も小さく、術後出血や感染リスクは格段に低く治療を受けた患者さんは文字通り「数日退院」が可能になったわけです。
日本からも東北大学などから毎年留学研究生を受け入れているなど、心臓外科やカテーテル領域での高いスキルが提供されていることがうかがわれます。

診察から事務処理、保険手続きまでがベッドサイドでできる

gettyimages (19344)

日本でも個人病院や民間病院で普及しつつありますが、アメリカではさらに進んでおり、慢性期治療や軽い外科処置までが病室を移動せずに受けられる特別室の設置など、差別化を図っています。
医師の診察や検査等のほか事務処理、保険屋手続きも(欧米はすべてに於いて自由診療のため費用削減、節約、交渉が当たり前という世界)ベッドサイドで事が済みます。術後ふらふらの状態で、院内診察室や検査処置室等に出向く必要がないのは患者側にとっては楽々この上ないのです。
「シダーズサイナイ医療センターHP」https://www.cedars-sinai.org/
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

この記事をご覧の皆さんの中には、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。富裕層は、その名の通り一般レベルの人よりも多くの資産を持っており、その多くの資産をどのように扱っているのか気になる人がいても不思議ではありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座

ファイナンシャルアカデミー公式SNS