2018年11月29日 更新

【君主論】マキァヴェリに学ぶ理想のリーダー論「愛されるより恐れられよ」

西洋の『孫子の兵法』といわれる『君主論』。ルネサンス時代の政治思想家ニッコロ・マキァヴェリが書いたものです。道徳や義務といった理想と現実を切り離して書かれた君主論は、現代でも成功する組織をつくる秘訣を教えてくれる古典です。

Crown Kings Bavaria · Free photo on Pixabay (25853)

2018.11.29

理想もいいが、現実も見よ

Dreams Fantasy Art · Free photo on Pixabay (25855)

マキァヴェリの「君主論」は、多くの著名人が「社会人が読んでおきたい本」にあげる古典のひとつです。
「君主はどうあるべきか」についての議論は、従来「民に慈悲深くあれ」といった道徳や義務の観点からしか語られてきませんでした。しかし、マキァヴェリは、道徳と統治を切り離し、君主は善と悪をうまく使い分けることが重要だと説いた点で画期的でした。
「国家存続のためには、必要に迫られれば道徳に反することもやむなし」という、一種の危険思想とも誤解されかねない考えですが、マキァヴェリは、なにも君主は不道徳になって残虐非道な行いをしろと言っているのではありません。真に伝えたかったのは、君主は常に冷静に物事を考え、生存戦略と道徳を切り離して考えなければいけないという点です。

愛されるより恐れられるほうがいい

gettyimages (25888)

君主論の特徴は、なんといっても「愛されるより恐れられよ」、この一言に尽きます。君主論からの引用を見てみましょう。
「君主は愛されるのと恐れられるのと、どちらがいいだろうか。もちろん、両方であるのが望ましいが、それが難しければ、愛されるより怖れられるほうがずっとよい。人間というのは総じて恩知らずで、気まぐれで、うそつきで、危険を嫌い、儲けには貪欲である。だから、よい待遇さえ与えればついてくる。とはいえ、…(中略)…君主が危機に陥るや、彼らはそっぽを向く。そういう口約束を信じ、何の手立ても講じない君主は必ずや滅びる。心の大きさや気高さによる友情でなく、お金で買った友好関係は、所詮それだけのものでしかなく長続きしないし、何も生み出さない」(『君主論』第17章より抜粋)
ビジネスシーンでの人間関係は、ときに割り切ることも大切です。
たとえば、とくに不仲でもなく、仕事にも満足していると思っていた部下が、なんの前触れもなく退職を願い出たとします。実は上司である自分に不満を抱いていたことを知って、部下に裏切られたと感じるのは、リーダーとしてスマートではありません。
感情を切り離し、部下が離反したり、反発したりするリスクも想定して手を打つこともリーダーの役目なのです。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
「現代の魔法使い」落合陽一研究

「現代の魔法使い」落合陽一研究

落合陽一氏といえば、筑波大学准教授で学長補佐。実業家でメディアアーティスト。2015年発売のベストセラー「魔法の世紀」にちなんだ「現代の魔法使い」がニックネームという人物。テクノロジーとアートの融合がもたらす魔法のような未来を目指す、落合氏の世界を覗いてみました。
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ