2019年1月4日 更新

【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

従来の道徳や倫理から切り離してリーダーシップを論じたマキァヴェリの「君主論」。君主論では、君主は愛されるよりも怖れられるほうが好ましいとするほか、怖れられる君主であっても、憎まれたり蔑まれてはならないと述べています。それはなぜなのでしょうか。

gettyimages (27762)

2019.1.4

リーダーは憎悪と軽蔑されることを怖れよ

gettyimages (27763)

リーダーが避けるべき憎悪とは

君主たる者は、・・・(中略)・・・憎悪や軽蔑を招くような事態は逃れるように心しなければならない。・・・(中略)・・・大多数の人びとから名誉や財産を奪い取らないかぎり、人びとは満足して生活する。
『君主論』第十九章「どのようにして軽蔑と憎悪を逃れるべきか」より抜粋
マキァヴェリは、国民から憎悪されたり軽蔑されることは没落の始まりだとし、絶対に君主が避けなければならないことだと警告しています。そして、国民が何より憎悪するのは、君主が国民の財産や持ち物を奪ったり、名誉を傷つけたときだと述べています。
ここからビジネスシーンに置きかえてみると、リーダーが憎悪されるのは、部下の手柄や名誉を傷つけたりしたときだと考えられます。
人前で部下を叱りつけることは、見せしめの効果があることから、手段としてこのような行為を敢えてとるリーダーもいます。しかし、人前で叱りつけられた側からすれば、叱られた理由を真摯に受け止めるのは少数にすぎず、恥をかかされたと逆恨みする可能性だってあるのです。
また、正当な理由があって部下を叱った場合であっても、それを傍から見ている周囲がどう思うのかについても、リーダーは思慮を巡らさなくてはなりません。
そして過去に諍いや揉め事が起きた場合、今は親切にしているから大丈夫だと油断するのは禁物です。マキァヴェリ風にいえば、なぜなら人は消して昔のことを水に流しはせず、ずっと記憶にとどめておくものだからです。

リーダーが避けるべき軽蔑とは

gettyimages (27764)

軽蔑を招くのは、一貫しない態度、軽薄で女々しく、意気地なしで、優柔不断な態度である。これを君主は暗礁のごとくに警戒しなければならない。そして自分の行動が偉大なものであり、勇気に溢れ、重厚で、断固たるものであると認められるように努めねばならない。
『君主論』第十九章「どのようにして軽蔑と憎悪を逃れるべきか」より抜粋
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日スタートの専門職大学で「実務家教員」になれるチャンス

4月1日、「専門職大学・短大」の制度がスタートしました。職業に直結した「実務」に重きを置く新しい大学です。社会人のリカレント教育(学び直し)の場だけでなく、社会人が経験と知識を活かし「実務家教員」のキャリアを得られる可能性がひろがります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

部下の指導・育成の悩みはプログラミングの勉強が役に立つ!?

2020年度から小学校の授業でプログラミング教育が必須化されます。それでは、これまでプログラミングというものを学んでこなかった人は特に学ぶ必要がないのでしょうか。実はプログラミングを学ぶことで、部下の指導・教育における問題も解決できるようになります。
女性リーダーが部下との関係を良好に保つための4つのコツ

女性リーダーが部下との関係を良好に保つための4つのコツ

リーダーになれば、自分の仕事だけでなく、チームのマネジメントや人材育成に注力することが求められます。風通しのいい雰囲気のなか効率よく仕事を遂行するため、リーダーとして部下とうまくやっていく4つのコツについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ