2018年10月9日 更新

世界の富裕層は子どもに資産を残さない?!価値観を育てる教育とは

資産を作るために何が必要かを知るためには、富裕層の教育術が参考になります。富裕層は自分の子供に資産そのものを与えずに、資産を作り出す能力を与えようとするからです。

2018.10.9
では実際に子どもにどのような教育を取り入れているのか、富裕層が考える教育術についてご紹介します。

世界の富裕層が考える教育とは

日本では2020年に小学校から、プログラミング教育が必修となります。教育指導要領によると、このプログラミング教育の目的はIT人材の育成です。ここから見えるのは、日本はいまだに技術を重視しているということでしょう。いかに労働力を高めるかという枠から抜け出せないでいます。
けれども世界の富裕層と呼ばれる人たちは、その技術をどのように生かすかという視点で物事を考えています。マイクロソフトを創業したビル・ゲイツはコンピューターの可能性に感銘を受け、BASICというプログラム言語の開発に取り組みました。技術はあくまでもツールにすぎず、それをどう生かすのかという視点で行動したのです。

ビル・ゲイツは成功要因のひとつである知力とは、多方面にわたる知識を基にした聡明さと説明しています。そしてその聡明さは、読書によって得られたとも語っています。富裕層の多くは読書家であることで知られますが、投資家として有名なウォーレン・バフェットも自宅に個人図書館を持っています。
ビル・ゲイツもウォーレン・バフェットも子供には資産は残さないと公言していますが、代わりに十分な教育を受けさせています。たとえばウォーレン・バフェットは子供のうちに金融の教養を身に付けるべきと語っていました。ビル・ゲイツは自身の経験から本を読むことを子供にすすめて、思考する習慣を身につけさせています。

富裕層が重視する価値観とは

富裕層で教育で重視するのは、本質を理解するための価値観を身に付けることです。ビル・ゲイツがコンピューターを使うことによって、何ができるのかを追求し新たな価値観を生み出しました。
そしてその価値観は、社会にとって何が価値を持つのか、どんなニーズが必要とされるのかを考えることに役立ちます。目の前のお金に執着するのではなく、そのお金を使ってどんな価値あるものを生み出すのかを考えるわけです。

労働は単にお金を生み出すことしかできません。けれども富裕層はお金を生み出す労働そのものを創出することができます。そのためには、多方面からの知識を総動員して何が価値を持つのか、どこに価値を生み出す源泉があるのかを探し出すことが必要です。
そのような知力を身に付けるために、富裕層は多額のお金を投じて自分の子供に教育を受けさせます。

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
富裕層が高級車に乗るのには理由がある 

富裕層が高級車に乗るのには理由がある 

富裕層はとかく高額なモノを所有しているイメージがありますが、高級車もそのひとつです。しかし富裕層が高級車に乗ることにも、それなりの理由があります。
お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。
お金持ちは持ち物をこう選ぶ!選び方や特徴の共通点3つ 

お金持ちは持ち物をこう選ぶ!選び方や特徴の共通点3つ 

お金持ちが所有する物の選び方にはどんな特徴があるのでしょうか?お金持ちは持ち物に対してこだわりを持っている人が多く、それには「成功者ならではの共通の基準」がありました。その考え方を知り、あなたの習慣に取り入れてみませんか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部