2018年11月7日 更新

世界一パワフルで影響力のある “鉄のお嬢”メルケル独首相の処世術

経済紙フォーブスが選ぶ「世界で最もパワフルな女性100人」と「世界で最も影響力のある女性100人」で8年連続1位に輝くドイツのメルケル首相とは一体どんな女性なのでしょうか。ドイツ初の女性首相として13年も大国を統治する彼女の強さの秘密を探ってみましょう。

2018.11.2

鉄のお嬢さん

gettyimages (24470)

英国で「鉄の女」と言われたサッチャー元首相は11年間の在任でしたが、ドイツで「鉄のお嬢さん」と異名を持つアンゲラ・メルケル現首相は今年で在任13年と上回っています。両者共に科学者出身・保守系・女性政治家という複数の共通項があり何かと比較されがちですが、どちらも「鉄」のような固い意志と信念が国民を引っ張る力の源のなっているようです。
東ベルリンで牧師である父と教師の母の間に生まれたアンゲラは、小さい時から頭脳明晰で学業は常にトップ、順調に物理学者の道に進みます。23歳の時大学で知り合った男性と学生結婚しますが、「人生の目標が合わない」と一方的に別れを告げ、後に出会った化学者の現夫と1998年に再婚しています。
「若気の至りで結婚」→「合わないから離婚」と、どちらも本能に従う潔い行動力が見られます。
彼女自身が自分について語る「完璧主義」「規則正しさ」「頑固さ」は、牧師である父の影響が強いと本人も認めています。彼女が14歳の時、父に命じられた「共産主義への忠誠を誓う儀式」への参加を拒否しており、「ひとたび意見が対立すると曲げない性格」と自ら分析しています。

転機と機運上昇の到来

物理学者だったアンゲラに転機が訪れたのは1989年のベルリンの壁崩壊という世界が変わる瞬間でした。東ドイツ市民だったアンゲラが、新しい時代の幕開けに夢と希望を抱き、政治の世界へと足を踏み入れます。
当時のコール首相にその才能を見込まれ1991年に連邦女性・青少年大臣、94年には連邦環境・自然保護・原子力安全大臣を任に任命されるなど、異例の出世を遂げましたが、ぽっと出の新人は野党から「東から来た灰色のネズミ」「コールのお嬢さん」と揶揄されます。
1998年に16年に及ぶコール政権が崩壊すると、その翌年に発覚したコール前首相の不正献金問題に対し公然と批判するなど、彼女の「規則正しい」判断が野党や国民の支持を集めて行きます。当時首相候補と目されていたライバルのショイブレ党首が同じヤミ献金問題で辞任に追いやられ、2000年には党のイメージ刷新を図ってCDU(ドイツキリスト教民主同盟)初の女性党首となりました。
この一連のCDUのスキャンダルが「恩人を裏切り、ライバルを蹴落とす抜け目のない日和見主義者」と批判されることもありますが、メルケル首相が13年間にわたって政権を維持できているのは、彼女の計算し尽くされた「政治的変わり身の速さ」にある、と評価されています。

科学者らしい処世術

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部