2019年2月16日 更新

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。

gettyimages (30878)

2019.2.16

1.沖縄の恒例イベント 沖縄花のカーニバル

「沖縄花のカーニバル」は今年で36回を迎える恒例イベント。開催期間も長く1月19日から5月6日まで行われています。会場は名護市や国頭村や東村など、花の種類や咲く時期に合わせて複数あり、沖縄全土に広がっています。その中でも3月は沖縄市にある東南植物楽園で開かれる「ブーゲンフェア」が見逃せません。

東南植物楽園で開かれる「おきなわブーゲンフェア」

©東南植物楽園

開催期間は3月2日(土)~4月7日(日)。ブーゲンフェアは、文字通り南国のあのカラフルなブーゲンビレアのお祭りです。会場の東南植物楽園には、ブーゲンタワーなるオブジェが登場し、インスタ映えするシーンを提供してくれます。

©東南植物楽園

ブーゲンフェアでは、一般的なブーゲンビレアの展示だけでなく、さらに、体験プログラムが用意されています。体験プログラムでは、アクセサリー、押し花、サンキャッチャーなどの制作が楽しめます。

公式サイト:http://www.southeast-botanical.jp/events/detail.php?id=30


2.東南植物楽園のイルミネーション「光の散歩道」

©東南植物楽園

ブーゲンフェアが開催される東南植物楽園では、同じ時期に夜になるとイルミネーション「光の散歩道」が美しい光を放ちます。このイルミネーションは11月23日(金)~3月31日(日)まで期間限定で開催されています。

©東南植物楽園

光の散歩道では、今年は展示数も倍に。エリアには「光のトンネル」「LOVEエリア」「ツリーハウス」「思いやりの湖」などありますが、今年初登場するのが「ライティングボールエリア」。ここに置かれた大きなバランスボールに触ると色が変わり、体験型のイルミネーションとして、子供も大人も楽しめるイベントになっています。

公式サイト:http://www.southeast-botanical.jp/illumination2018/

3.沖縄全島の焼物が勢ぞろい「やちむん市」

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

太平洋側の各地ではもうすぐ蒸し暑い夏の到来。でも日本海側ではカラッとした過ごしやすい季節になります。この時期、新潟県長岡市では「長岡まつり」が、そして上越市では「上越蓮まつり」が開催されます。そんなイベントに併せた周辺の観光スポットとグルメをご紹介します。
砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
バルト3国は世界遺産の街!おすすめ観光スポットをご紹介

バルト3国は世界遺産の街!おすすめ観光スポットをご紹介

「バルト三国」はヨーロッパ北部にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの3国の総称です。 3国間の移動がしやすく、治安も良い、食事も美味しいおすすめ観光地として注目されています。そんな中世の趣が残るバルト3国の、おすすめ観光スポットを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT