2019年2月16日 更新

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。

gettyimages (30878)

2019.2.16

1.沖縄の恒例イベント 沖縄花のカーニバル

「沖縄花のカーニバル」は今年で36回を迎える恒例イベント。開催期間も長く1月19日から5月6日まで行われています。会場は名護市や国頭村や東村など、花の種類や咲く時期に合わせて複数あり、沖縄全土に広がっています。その中でも3月は沖縄市にある東南植物楽園で開かれる「ブーゲンフェア」が見逃せません。

東南植物楽園で開かれる「おきなわブーゲンフェア」

©東南植物楽園

開催期間は3月2日(土)~4月7日(日)。ブーゲンフェアは、文字通り南国のあのカラフルなブーゲンビレアのお祭りです。会場の東南植物楽園には、ブーゲンタワーなるオブジェが登場し、インスタ映えするシーンを提供してくれます。

©東南植物楽園

ブーゲンフェアでは、一般的なブーゲンビレアの展示だけでなく、さらに、体験プログラムが用意されています。体験プログラムでは、アクセサリー、押し花、サンキャッチャーなどの制作が楽しめます。

公式サイト:http://www.southeast-botanical.jp/events/detail.php?id=30


2.東南植物楽園のイルミネーション「光の散歩道」

©東南植物楽園

ブーゲンフェアが開催される東南植物楽園では、同じ時期に夜になるとイルミネーション「光の散歩道」が美しい光を放ちます。このイルミネーションは11月23日(金)~3月31日(日)まで期間限定で開催されています。

©東南植物楽園

光の散歩道では、今年は展示数も倍に。エリアには「光のトンネル」「LOVEエリア」「ツリーハウス」「思いやりの湖」などありますが、今年初登場するのが「ライティングボールエリア」。ここに置かれた大きなバランスボールに触ると色が変わり、体験型のイルミネーションとして、子供も大人も楽しめるイベントになっています。

公式サイト:http://www.southeast-botanical.jp/illumination2018/

3.沖縄全島の焼物が勢ぞろい「やちむん市」

44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

ドバイは今や、ニューヨークや東京よりも訪れる人が多いと言われる、アラブ首長国連邦の最大都市です。亜熱帯に位置するドバイは、冬でも20度以上の温かい日が続きます。その中でもベストシーズンは遊泳ができるようになる3月。注目のドバイ観光の魅力に迫ります。
長崎の冬を彩る大イベント 長崎ランタンフェスティバルに行こう

長崎の冬を彩る大イベント 長崎ランタンフェスティバルに行こう

長崎は、江戸時代の鎖国の時にも、日本で唯一海外と接触を持ち交易を行っていた所です。そのため、キリスト教の教会や唐人町、中国系のお寺などがあり、西洋や中国文化の影響を色濃く受けてきました。そうした多文化の町長崎の冬を彩るのが「ランタンフェスティバル」です。
一生に一度は行きたい!富裕層気分が味わえるイタリア・シエナのホテル

一生に一度は行きたい!富裕層気分が味わえるイタリア・シエナのホテル

ルネサンス時代に大輪の花を咲かせた都市国家フィレンツェ。その最大のライバルであったのがシエナです。美しいルネサンス時代そのままのような都市には、日本人女性とそのファミリーが運営するラグジュアリーな邸宅が存在感を示しています。
【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

【旅しながら生きる】旅のバイブル本 深夜特急に学ぶお金に縛られない生き方

私は現在オーストラリアを旅しながら生きています。今の生活に至った一つのきっかけとして挙げられるのが沢木耕太郎著『深夜特急』。フィリピンから上海に旅立つ時から読み始めた名著。今回は作品から学んだ生き方について紹介していきます。
長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

日本で長期休暇をとろうとすると、メール処理や職場での印象といった心配がつきまといます。そこでおすすめなのがマイクロ・バケーション。数時間〜3日程度の休みをバケーションにするのです。たとえばひとりキャンプや都心でサーフィンはいかがでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT