2019年5月15日 更新

パフォーマンスマネジメントとは?最高のパフォーマンスを引き出す方法

パフォーマンスマネジメントという言葉をご存知でしょうか。従来の目標管理や年次評価に代わり、メンバーの能力やモチベーションを高めて組織の目標を達成するというものです。そのマネジメント手法を個人で行ってパフォーマンスを高める方法をご紹介します。

gettyimages (38202)

1 パフォーマンスマネジメントとは?なぜ注目されるのか

gettyimages (38210)

パフォーマンスマネジメントは1970年代に誕生した人材評価システムです。組織のメンバーそれぞれの目標に至るまでの行動と結果に注目し、その評価を継続的に行ってメンバーにフィードバックします。そのうえで、望む結果につながる行動を増やし、そのために必要なスキルを磨くことで個人の能力も高めることになります。
2019年4月1日、いよいよ働き方改革関連法が施行されました。労働時間や年次休暇など、企業に対するさまざまな制度が定められたのです。
働き方改革は従業員の生産性を高めることを目指すものですが、関連法はその方法を指南するものではありません。従業員の労働時間を適切に管理することを、法的に整備するだけの話です。そして企業は限られた労働時間の中で、いかに従業員の生産性を高めるかを考えなければなりません。
そこで役立つと考えられるのが、従来の年次評価に代わるパフォーマンスマネジメントです。
これは目標達成度を評価するのではなく、そこに至る経緯を評価する仕組みです。このパフォーマンスマネジメントで期待できるのは、従業員のモチベーションを高めることと、その能力を最大限に引き出すことで組織全体のパフォーマンスを高めることです。

2 パフォーマンスマネジメントのメリット

パフォーマンスマネジメントのメリットは、行動とその成果を評価するメンバーそれぞれが得意とする能力を高められる点です。その結果、メンバーは持てる能力を最大限に発揮するパフォーマンスを出せるために、組織全体の成果も高めることにつながります。
従来の年次評価では、トップダウンによる目標設定を行うためにメンバーの個性は画一化されがちです。目標達成度は数値化されて、ほかのメンバーと比較評価されます。するとメンバーは効率良く成果を高めるために、必要なスキル向上に注力するようになります。その時点でメンバーが習得するスキルは組織全体として、普遍的なものに集約されます。
そしてそのスキル習得に必要な能力はメンバーごとに違うため、得られるパフォーマンスにもバラツキが生まれます。つまり組織全体のパフォーマンスはメンバーが最大限に発揮するパフォーマンスとはなり得なくなるのです。

3 個人のセルフマネジメントにパフォーマンスマネジメントを取り入れる方法

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司が部下との関係を良好なものにしたいと思うあまり、距離が近づきすぎるケースもあります。距離が近いことは、メリットになる場面もあれば、一方でさまざまな弊害を生み出すことも。今回は、上司と部下の関係で重要ないくつかのポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部