2018年9月19日 更新

失敗は怖くない!落ち込みから立ち直るための論語の教え

仕事の上で失敗して落ち込むことは誰にでもあることです。しかし、いかにそこから立ち直ることができるか、ということも、良い仕事をするために不可欠の素養であると言えます。この記事では『論語』を紐解きながら、そうした落ち込みから立ち直るための考え方を紹介していきます。

gettyimages (21497)

(1) 落ち込み続けていることは、さらなる失敗の危機!

gettyimages (21504)

(論語)衛霊公第十五29 過ちて改めざる、是を過ちと謂う(意訳)「過ちとは、過ちを犯したのに、それを改善しようとしないことである」
この言葉は、失敗とは何であるかということについて、興味深い教訓を示しています。ただ失敗をしているだけなら、それはまだ本当の意味での失敗ではなく、その失敗を改善しようとしないこと、その姿勢こそが、真の失敗である、ということを述べています。
言い換えるなら、失敗した後でそれを改善できたなら、それは結果的に失敗などしていなかったことになる、ということです。あなたが何かに失敗したとき、そこからどう状況を立て直すかが、本当の勝負です。落ち込んでいる暇はありません。

(2)  失敗を認めることは恥ずかしくない

gettyimages (21502)

(論語)学而第一8 過てちてはば則ち改むるに憚ること勿れ(意訳)「過ちを犯したことに気づいたら、体裁や対面などにとらわれず、ただちに過ちを改善するべきだ」
1つ前の言葉にもあった通り、孔子は一貫して失敗を速やかに改善することの必要性を訴えています。この言葉にある「憚ること勿れ」という表現にも、そうした強い思いが表れていると言えます。
失敗を失敗と認め、それを立て直そうとすることは、周りから「あいつは失敗した」という目で見られることを一度は受け入れることもあるでしょう。それでも、周囲の目を気にして何もしないでいることの方が、はるかに周りの評価を下げていると孔子は説いているように思えます。

(3) コミュニケーションを見直してみよう

gettyimages (21517)

(論語)里仁第四73 子曰わく、人の過や、各々其の党に於てす。過を観て斯に仁を知る。(意訳)「孔先生は次のように言った。人の過ちというものは、それぞれの人の種類によってなされるものだ。その人の過ちを見れば、その人の思いやりの深さが見えてくる」。
ここに出てくる「党」という言葉には、「範疇、カテゴリー」という意味があり、要するに、その人のもっている性格や人柄を指しています。ある失敗が生じたとき、その原因が個別の問題だけではなく、本人の人柄に由来するということは、よくあることですね。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

人は知らず知らずのうちに、「自分には無理だ」と諦めてしまっていることがあるものです。世の成功者は、どんな考え方を心がけているのでしょうか。 ロバート・グリスウォルド著『一流の人に学ぶお金の引き寄せ方』より、ボジティブなセルフイメージを作るための思考と行動をご紹介します。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前で話す機会というものは、ビジネスの場で数多くあるものです。大勢の前で、緊張して声が震えてしまったりすると、それがちょっとしたトラウマになってしまうこともあり得ます。うまく緊張の糸を解いて、いいパフォーマンスをしていきたいものです。 伊藤丈恭著『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』 より、大事な局面で起こる緊張状態を上手に切り替える考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部