2018年10月13日 更新

出来ない事はしない、自分の限界を自覚している理想的な生き方

肩の力を抜きながらも生きた経営業を営んでいる「富裕層」が、どういった感覚で毎日を過ごしているか。「生きる事」を仕事としながら、彼らの考え方と習慣は一体どのようなものなのでしょうか。その言動の鉄則を、3つのテーマに沿ってご紹介いたします。

2018.10.13

1)生きるための仕事をしないこと

このテーマをご覧になった時、「そんな事出来るわけがない」と思われる方が多いと思います。「発注側と受注側の存在があってからこそビジネスが成立する」という短絡的な見解があるとそのような意見になりがちです。イヤなことでも上司やクライアントに迫られるから、仕方なく残業しながらも。。。。というところが本音ではないでしょうか?
誰かを喜ばせるという意味ではとても褒めらる行為であり、企業にとっても利益に繋がるため上司にも喜ばれるでしょう。しかし、これを長く遂行すればするほど会社からは重宝されますが、ご自身の感覚や生きていく価値観は鈍ってくるのではないでしょうか?

冒頭でご紹介しました3つの鉄則を守る富裕層の人間は、自分の人生にとって不都合な、或いは不利益な話は「受けない」「聞かない」「助けない」という3つの事柄を実行出来る才能と強さがあります。
これは、俗に言う「ケチで冷酷な人間」と思われがちですが実は違っていて、将来の互いの人間関係にヒビが入らないような処置をとる、優しい決断であるとも置き換えることができるのです。
常に日常は「情や利害関係」が付きまといながら人間は呼吸をします。富裕層はこの「距離の置き所」や「力の入れどころ」に対しての嗅覚が効くので、お互い損をしない未来のために、1000手先を導いてくれるのです。
人間的な距離(例えば友人であったり上司であったり)や立ち位置、環境や人生のバックグランドを問わず、YesとNoをはっきりと決断し申し伝える才能があるのです。これは誰にでもできる事ではありませんね。
自身の心と言動が、常に並列で補い合っていれることが「富裕層」である最初の条件ともいえるでしょう。その能力の限界が解っているという事こそが、物理的な時間や空間、人間関係に潤いを与える必須条件になり得ているのが事実です。

2)自分にしかできない事以外はしない(任せる勇気)

年収2,000万円ほどの充分な稼ぎがあっても、毎日毎時間、仕事に追われている友人の社長を知っています。たまに食事に誘っても、忙しそうに雑音混じりの屋外からお断りの電話をいただき、愛想なく会話をしたあとはしばらく連絡もしなくなるという関係になります。仕事を優先するのは大いに結構なのですが、人間同士の温度がある、高質な情報交換の場を自ら放棄しているようにも見える時があります。
どうしてそうなってしまうのでしょうか。
それは彼が「何でもできる自分」を営業力として続けてしまっているからです。起業する際に、定款に様々な事業としてなり得る可能性を書き込む起業家がいるように、ご自身では「出来ない事も出来る事としている」スタートがあるから、年収はそこそこあったとしても「社長業という現場作業」を繰り返してしまっているのです。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部