2019年2月21日 更新

LINE Pay が作るキャッシュレス社会の未来【特別掲載】

私たちにとって身近なコミュニケーションアプリLINE が提供するモバイル送金・決済サービスLINE Pay。このキャッシュレス時代にLINE はLINE Pay というサービスを通して一体どのような社会を創造していくのでしょうか。 【お金の教養フェスティバル2019/ LINE Pay 株式会社取締役COO の長福久弘氏講演より要約】

2019.◯.◯

日本がキャッシュレス化しなければならない理由

私は不動産会社からキャリアスタートをしましたが、20 代の間はアイスクリーム会社の経営をしていました。その後ライブドアに入社しインターネット業界に足を踏み入れ、2017 年からLINE の決済事業のLINE Pay に移り現在に至ります。私のキャリアは金融業界で形成したものではありません。そして、現在、キャッシュレス決済、LINE ほけん、LINE 家計簿、資産運用、今後は銀行業への参入など、フィンテック分野に大きく舵を切ったLINE 株式会社の本業も金融業ではありません。だからこそ、強みがある、ということをお話ししたいと思います。
さて、現状を整理すると、日本のキャッシュレス比率は18.4%ということで、他国と比べると非常に低い水準です。この数字だけフォーカスすると、日本ってキャッシュレス化が遅れているとされますが、実はキャッシュレス化するポテンシャルは非常にある国なんです。クレジットカード、デビットカード、電子マネーの所有率では、一人当たり約8 枚程度持っているというデータもあります。クレジットカードは一人当たり2,3 枚保有している。キャッシュレス化は進んでいないが、キャッシュレス化するインフラは十分にできているというのがこの国だということです。さらに、2020 年の東京オリンピック・パラリンピック、2025 年の大阪万博でインバウンド需要が期待されます。このときにキャッシュレス化は一気にすすむでしょう。
キャッシュレスのよいところを5つほどあげてみましょう。
・利便性と生産性が向上する
・インバウンド対策ができる
・現金維持コストの改善
・税収率の向上
・決済データの活用で適切な情報発信、サプライチェーン改善
人口減少が止まらない日本では、労働者も消費者も減っていきます。経営者は収益が小さくなる上に労働者の確保が困難になっていきます。キャッシュレス化が進めば人が行わなけれればならない作業は減ります。また、国も現金を製造したり流通させたりするためのコストや労力もカットしていきたいでしょう。
キャッシュレスは日本の必須事項であると言えます。

LINE Pay の利便性

LINE の現ユーザーは7,900 万人ですが、その中で決済サービスを使っているのは3,000 万人です。
LINE Pay は、LINE で決済や、送金のサービスを提供しています。LINE を立ち上げると、右下(iOS の場合)にウォレットというお財布のマークのタブがあります。それをタップするだけで、LINE のお財布のページに移行し、LINE Pay の残高確認や支払い、友だちに送金できるというような機能が使えます。LINE 内から利用できるサービスなので新しいアプリをダウンロードする必要はありません。
また、各社のキャッシュレス決済は、クレジットカードをその◯◯Pay に紐付けて支払うというのが基本的なサービスの建て付けですが、LINE Pay はクレジットカードを紐付けてチャージする機能はありません。LINE Pay というこのバーチャルなお財布に自身の銀行口座を紐付けていただいてデビットに近いような形で自身の銀行口座から都度必要な分をチャージをしていただくといったような形になっています。
クレジットカードでのチャージ機能がない大きな要因は、我々は「送金機能」に非常に注力をしているからです。クレジットカードチャージですと実はこの送金機能が本当の意味で送金にならないのです。
LINE Pay は「昨日の飲み代5,000 円支払ってね」と気軽にコミュニケーションでき、メッセージを送るように簡単にお金も送れるところが大きな魅力です。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちは財布持たない?気になるあの人のお金の管理方法を紹介

お金持ちの人の財布事情を知りたいと人は多いのではないでしょうか? 高級ブランドの財布や長財布に紙幣やカードがたくさん入っているのを想像してしまいますよね。 実は、お金持ちの人は財布を持たないことがあります・ 財布を持たないってどうやってお金を管理してるの?と疑問に思う人もいると思います。 そこで、今回はお金持ちの人の財布を持たない理由や共通点、管理方法をご紹介します。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
お金持ち(上級国民)は法的にも有利なのか?

お金持ち(上級国民)は法的にも有利なのか?

日本には本当に「上級国民」と言える人がいて、法的に有利な扱いを受けているのか? 「上級国民」の実際について、多くの法的問題を取り扱ってきた弁護士の意見を聞いてみた。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部