2018年11月5日 更新

人前で話す「恐怖」克服法 スピーチは「武技」のように会得できる

人を惹きつけるスピーチができる人は、案外少ないものです。フランスの弁護士で言葉のスペシャリストでもあるバートランド・ペリエ氏は、言葉を「武技」と同様に、手足のごとく駆使する技術を磨くべき、と語ります。

gettyimages (24492)

2018.11.5

先天的に言葉の使い方やスピーチの能力を持っている人は少ない

gettyimages (24204)

緊張して言葉が口から出てこない人もいれば、スピーチが冗長で説得力ゼロという人も多いのが実情です。
こうした悩みを抱える人のために、ペリエ氏はサン=ドニ大学とコラボし、スピーチ上達のプログラムを練り上げました。

ペリエ氏が語るスピーチのための秘密9か条

gettyimages (24214)

① 観察されることを恐れない習慣を身につける

あがり症の人にはつらい事実ですが、人前で話すこと=観察されることでもあるのです。ある研究によれば、スピーチにおける説得力は60パーセントが身振り手振り、30パーセントが声の抑揚、そして10パーセントが言葉の選択であったという結果が出ています。この場でメッセージを伝えるという特権が与えられたという多少の優越感を持ちながら話すことが重要です。

② スピーチを行う時の姿勢も説得力の有無を決める

非常に陳腐なことかもしれませんが、背筋を伸ばして気持ちをオンに切り替えることはスピーチをするうえで非常に重要なことです。立っている場合は、両足を肩幅くらいに広げて、場の空気を遮るくらいの心構えを。
座っている場合はふんぞり返らず、前向きの姿勢を、姿勢でも表現します。前にテーブルがある場合、手は下に隠さずに常に聴衆に見せていることも重要なのだそうです。手を隠すと、「この人は何か隠し事があるのでは?」と思われるのだとか。

③ 視線の行き先は聴衆の数や場所の大きさで変化させる

視線の力も、スピーチにおいてはバカにできません。少人数の中で話す場合は、視線はまんべんなく人々にいきわたるようにします。いっぽう、大人数の前で話す場合は、部屋の後方に視線を集中させましょう。大学の教室のように半円形の場合は、右から左に、上から下にと視線をスクロールさせるのが効果的です。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

開け放たれた窓から見えるのは、抜けるような空と海の青。室内の華やかな黄色。 降り注ぐ陽光に目を細めて大きく深呼吸したくなります。開放感とくつろぎ。幸せだ・・・
香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

手ぶらでキャンプもいいけれど、自分で用品をそろえて楽しむキャンプは、より思い出深いイベントとなりそうです。 初心者がキャンプ用品をそろえると、いくらくらいかかるでしょうか。なお、キャンプ用品には防災用として活躍できるものもあります。キャンプ用品の種類と相場についてご紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子
お金の教養講座