2018年9月13日 更新

成功者のマインドが学べる!ビジネスに活かせる論語の成功哲学

仕事においても、人生においても、誰しも成功したい、より良く生きたいと願うものです。仕事や人生をより良くするための方法を、2000年以上前に悟った人物がいます。中国の思想家、孔子です。この記事では、論語の成功哲学を紹介します。

2018.9.13
2000年以上も前に生きた中国の思想家孔子。孔子が弟子たちと行った問答は、『論語』としてまとめられ、時代を超えて今も私たちに大きな示唆を与えてくれます。
孔子の言葉の多くは、社会における立ち振る舞いや生き方に対する姿勢など、ビジネスにおいて役に立つ考え方が濃縮されています。
そこで、この記事では、ビジネスにも活かせる論語の成功哲学を解説します。

楽しみながら学び続ける

孔子は学びの大切さをことあるごとに説いています。
成功する人は、何事においても楽しみながら学びつづける人が多い傾向にあります。

仕事に楽しみを見いだす、もしくは作り出すこと


(論語)「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」(雍也篇)
(意味)「知っているというのは、好きというのに及ばない。好きというのは、楽しいというのには及ばない。」
成功者は、仕事の好き嫌いに関わらず、自分の与えられた仕事やおかれた状況を楽しむ傾向があります。自分が望んでいなかった仕事だとしても、工夫して楽しくできるように仕組みを作ります。そして一つ一つ課題を乗り越えることに面白さを感じているのです。

学んだことは自分で考え、実践する

(論語)「子、四つを以(もっ)て教う。文・行・忠・信。」(述而篇)
(意味)大事なのは、読書と実践と誠実と信義の四つだけである。
成長のために大切なことは、本を読み学びつづけること、そして学んだことは実践に移さなければいけないことです。学んだ知識はただ持っているだけでは何の意味も持ちません。そして知識を実践に移すうえで、大前提として誠実さと信義を守るという気持ちが何よりも大事なのです。

アメリカの投資家であり、大富豪のウォーレン・バフェットは、新聞や本を読むことに多くの時間を費やしています。常に新しいことを誠実に学び続けることが大切だといっています。

また、学んだことを実践するにあたっては、知識を悪い方向に使わない信義が重要です。京セラ創業者である稲盛和夫は、フィロソフィと呼ばれる経営哲学のなかで、「人生や仕事の結果=考え方×熱意×能力」と述べています。いかに能力や熱意があっても、考え方が悪い方向に向かえば、いくらお金を儲けたとしても人として誤っており、社会から到底認められないものです。熱意と能力は、社会や人にとってプラスになる方向に使わなければなりません。

自分が間違っていると思ったら、受け入れ改める

(論語)「過ちて改めざる、是れを過ちと謂う。」(衛霊公篇)
(意味)自分が間違っていると分かっているのに直さないのは、それこそが本当の間違いである。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部