2018年9月13日 更新

成功者のマインドが学べる!ビジネスに活かせる論語の成功哲学

仕事においても、人生においても、誰しも成功したい、より良く生きたいと願うものです。仕事や人生をより良くするための方法を、2000年以上前に悟った人物がいます。中国の思想家、孔子です。この記事では、論語の成功哲学を紹介します。

2018.9.13
2000年以上も前に生きた中国の思想家孔子。孔子が弟子たちと行った問答は、『論語』としてまとめられ、時代を超えて今も私たちに大きな示唆を与えてくれます。
孔子の言葉の多くは、社会における立ち振る舞いや生き方に対する姿勢など、ビジネスにおいて役に立つ考え方が濃縮されています。
そこで、この記事では、ビジネスにも活かせる論語の成功哲学を解説します。

楽しみながら学び続ける

孔子は学びの大切さをことあるごとに説いています。
成功する人は、何事においても楽しみながら学びつづける人が多い傾向にあります。

仕事に楽しみを見いだす、もしくは作り出すこと


(論語)「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」(雍也篇)
(意味)「知っているというのは、好きというのに及ばない。好きというのは、楽しいというのには及ばない。」
成功者は、仕事の好き嫌いに関わらず、自分の与えられた仕事やおかれた状況を楽しむ傾向があります。自分が望んでいなかった仕事だとしても、工夫して楽しくできるように仕組みを作ります。そして一つ一つ課題を乗り越えることに面白さを感じているのです。

学んだことは自分で考え、実践する

(論語)「子、四つを以(もっ)て教う。文・行・忠・信。」(述而篇)
(意味)大事なのは、読書と実践と誠実と信義の四つだけである。
成長のために大切なことは、本を読み学びつづけること、そして学んだことは実践に移さなければいけないことです。学んだ知識はただ持っているだけでは何の意味も持ちません。そして知識を実践に移すうえで、大前提として誠実さと信義を守るという気持ちが何よりも大事なのです。

アメリカの投資家であり、大富豪のウォーレン・バフェットは、新聞や本を読むことに多くの時間を費やしています。常に新しいことを誠実に学び続けることが大切だといっています。

また、学んだことを実践するにあたっては、知識を悪い方向に使わない信義が重要です。京セラ創業者である稲盛和夫は、フィロソフィと呼ばれる経営哲学のなかで、「人生や仕事の結果=考え方×熱意×能力」と述べています。いかに能力や熱意があっても、考え方が悪い方向に向かえば、いくらお金を儲けたとしても人として誤っており、社会から到底認められないものです。熱意と能力は、社会や人にとってプラスになる方向に使わなければなりません。

自分が間違っていると思ったら、受け入れ改める

(論語)「過ちて改めざる、是れを過ちと謂う。」(衛霊公篇)
(意味)自分が間違っていると分かっているのに直さないのは、それこそが本当の間違いである。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

上司や取引先に、提案がうまく伝わらないといったことはビジネスにおいて日常茶飯事です。もし、伝え方に何かコツがあるのだとしたら、知っておきたいものです。 光成章著『一発OK!をもらえる人のエビデンス仕事術』 より、エビデンスの適切な提示方法についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部