2019年9月9日 更新

理想に近く自己啓発の種類とは|書籍を読むだけでは人生は変わらない?

自己啓発の本を読んだりセミナーに参加したりしても、いまいち効果が実感できないということはないでしょうか。そこで今回は人生を変えるために、自己啓発にはどんな種類があるのか、そしてどのように実践すればよいのかを説明します。

2019.9.9

自己啓発とは?自己啓発を学ぶ目的は大きく分けて2つ

gettyimages (46756)

自己啓発をしているのに、いまいち能力が向上している実感がないという方は、もしかすると勉強することが目的になっていませんか。自己啓発は目的を明確にしてインプットする種類を選択しなければ、効果が出にくいものです。

自己啓発は自分の理想像や目標を見つけるため

自己啓発は何のためにするのでしょうか。とにかくいろんな種類の情報を得て能力を高め、何でもできるようにするためでしょうか。残念ながら人生はそれほどゆっくりと進むものではありません。

自己啓発は自己能力を高める作業であることに変わりはありません。しかしその目標が定まっていなければ、具体的にどんな種類の能力を備えればよいのかわからないと思います。

そこでまずは自己啓発によって、自分の目標は何かを見つけ出す作業が必要です。目標を見つけ出すということは、自分の価値観を明確にすることでもあります。
そして自分の価値観を明確にするためには、いろんな考え方があることを知ったうえで、共感できるものを探し出すという作業が必要です。

共感できる価値観を探す作業は、具体的に目標となる人物を見つけることであったりします。それは自分の理想像とも言えるでしょう。

そこで自己啓発の目的のひとつは、いろんな種類の本を読んだりセミナーに参加したりして、まずは共感できる価値観を見つけ出すことであると言えます。(※1)

自己啓発は自分の夢や目標を達成するため

自分の理想像や目標が明確になれば、あとはいかにそれを実現するかが問題です。

なぜ簡単にそのような夢や目標が達成できないのかというと、モノの見方や考え方をなかなか変えることができないからです。

人の身体的能力というものには、ほとんど違いはありません。さらに1日に24時間しかないのは誰も同じです。それでも何かができる人とできない人の違いが生じるのは、考え方や発想が違うからです。

自己啓発とは、自らがそのような思考などを変える必要があることを認識してこそ効果が出るものです。つまり夢や目標を達成するためには、自分自身の何かが変わらなければならないと自覚する必要がありますし、それを行うために自己啓発というものがあるということです。(※2)

自己啓発のテーマの種類・おすすめ書籍紹介

gettyimages (46764)

ひと言で自己啓発といっても、学ぶ対象やテーマの種類はさまざまです。そこで自己啓発にはどんな種類のテーマがあるのか、そしてそれを学ぶためにどんな書籍があるのかをご紹介します。

自己啓発で価値観を明確にする「7つの習慣」

まず自己啓発で大切なのは、自分の価値観を明確にするということです。その意味でおすすめなのが、「7つの習慣」です。(※3)

この本では自分が目指すべき目標を明確にし、その達成のための方法を説明しています。まずはミッションステートメントを作成することで、自分の価値観というものを再発見できるようになっています。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

日本最大級の総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーは、2019年9月29日(日)に東京丸の内にて、初となる40〜50代の働く女性を対象とした、定年後の人生や働き方を考える参加型セミナー『オンナの定活セミナー』 を開催することを決定しました。
社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

“「遊んでいないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?” そんな美術展の問いかけに、ちくちくと心を刺された秋のはじめ。
ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ワイン好きな同僚や上司のプレゼントにワインを贈りたいが、相手の好みが分からずに迷っている。結局渡せなかったということはありませんか。ワインを選ぶことは難しくありません。ワインはメッセージ性を付加しやすいので、うまく選べば感動につながります。今回はワインを贈る時の選び方について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部