2018年8月16日 更新

〈杉村太蔵〉夢をも越える自分になるために必要なこと

「お金とは、やっかいなものである。(杉村太蔵)」

1円でも高く売れるように、自分に付加価値をつけアップデートしていくことが大切。そんな杉村が今、自らをアップデートするためにやっていることが……。
「37歳でもう一回勉強しようと昨年の4月から慶應義塾大学大学院の博士課程に在籍しています。かつて大学教育で大きな失敗をしたこともあるのかもしれません。清掃員から衆議院議員になり今はテレビの世界で生きている。この人生に誇りを持っていますし非常に満足しています。でもここで止まってはダメだろうと思い、勉強することにしました」。
現状維持ではいずれ後退してしまう。大学時代、強烈な失敗をした杉村は、自らをアップデートすべく、37歳にして大学で学び直すという大いなる挑戦を続けている。

■杉村太蔵にとってお金とは…

自らをアップデートし続ける杉村太蔵。持ち物などに関しても投資を惜しまないのだろうか?
「このスーツ、2万9,000円ですよ。ベルトは、もう8年ぐらい使っています、ほら、ボロボロ(笑)。セーターも1997年12月から20年も着ているものがあります。そういう男ですよ、僕は。余計なものには一切お金をかけません。財布も持っていませんから。クレジットカードとケータイの電子マネーだけ。お札にカードを挟んで持っています。私の会社の経費はカードか電子マネーで使ったもの以外は申告しません」。
見た目の投資にもお金をかけるかと思いきや、余計なものには一切お金を使わない主義。そしてお金に関してもうひとつ、長年の間守り続けている信念がある。
「もう1つ大事なのは、違法行為をしないこと。自己コンプライアンスというのはものすごく意識します。私はいろいろお騒がせしてきましたが、お金の問題でどうこうなったことは一度もなくないですか? これだけ投資をやっている、これこれをやっていると言っても、お金のことで後ろ指さされることは一回もありません。当たり前のことをきっちり日々積み重ねていくという基礎の部分は、すごく大事にしますね」。
清掃員から政治家に。今では投資家として数億円の資産を持つ杉村太蔵。彼にとってお金とは?
「お金とは、愛してやまないものである。それ以上いいようがないですね(笑)。お金はあればあるだけいい。本当に人間の欲望を刺激します。例えば、年収300万円の人から見た年収500万円の姿はすごく憧れますよね。でも年収500万円の人は年収1,000万円の世界に、年収1,000万円の人は年収2,000万円の世界に、年収2,000万円の人は年収5,000万円の……とどこまで行ってもキリがありません。どこかで諦める力を持っていないと本当に苦しみます」。
上を見たら終わりのない世界。杉村はお金のもうひとつの側面についてこう語る。
「でもよくよく考えると、お金は、とにかくやっかいなものです。だから私は自分の基準を決めています。証券会社時代の年収500〜600万円。残業代含め、手取りで月収50万円くらい。これを一つのラインにして、それを上回ったら良かったなぁと思うようにしています」。
キリがないからこそ自分の基準を持つことで指標ができる。また下を見ることも忘れないという。
52 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

社是は「健康第一」という株式会社ウサギの代表・高橋晋平さんがディレクションする新商品がリリースしました。テーマはなんと「仕事とお金」。人生でいちばん大切なことは健康と笑い、という高橋さんがゲーム「わくわくワーク」に込めた思いとは?
〈澤田秀雄〉「お金とは、可能性」

〈澤田秀雄〉「お金とは、可能性」

「株式会社エイチ・アイ・エス」「現・スカイマーク株式会社」の創業、テーマパーク「ハウステンボス」の再建、 「変なホテル」の開業など、次々に新しい事業を立ち上げ成功を収めてきた澤田秀雄さん。 澤田社長の新しい発想力や行動力はどこから来るのでしょうか。 生き方や考え方 についてお話をお聞きしました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部