2019年2月26日 更新

〈加藤優子〉お金とは選択肢を増やすもの

お祭り好きが高じ、メーカー勤めからお祭りの企画会社を起業した元美大生の加藤優子さん。ツアー企画からスタッフ確保、補助金手配などお祭りのお助けマン、地方創生の火付け役として全国の自治体から注目を集めています。加藤さんに起業に至った経緯や今後の目標を聞きました。

「お金とは選択肢を増やすもの(加藤優子)」
東京都練馬区出身。武蔵野美術大学油絵科を卒業後、日本の伝統文化が好きで漬物メーカーに就職、商品開発やパッケージデザインを担当した。青森ねぶた祭と出会ったのをきっかけに、任意団体のオマツリジャパンを設立。2015年から株式会社化してツアー企画から広報、運営までを引き受けるサービスを進めている。
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

原宿1番の人気美容師が、ついに独立。サロン激戦区の原宿で、経営者として成功するために必要だったのは、「髪を切る」だけの才能だけではなかった。 今、若者に「兄貴」と慕われる存在となった、カリスマサロンOCEANTOKYO代表の高木琢也さんに迫るインタビュー第2回。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/「くだらねぇ」が出発点

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/「くだらねぇ」が出発点

ド派手なレッドヘアにビッグマウス。NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」に登場し大きな話題をさらったOCEANTOKYOのヘアスタイリスト・高木琢也さんだ。人気NO,1美容師からカリスマ経営者へと変貌をとげた若き成功者にとって「お金とは?」を訊いた。
〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

〈草刈民代〉「お金とは、エネルギーである」

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

好きなことにお金を使っていけば、好きな仕事に出会える、という考え<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

社是は「健康第一」という株式会社ウサギの代表・高橋晋平さんがディレクションする新商品がリリースしました。テーマはなんと「仕事とお金」。人生でいちばん大切なことは健康と笑い、という高橋さんがゲーム「わくわくワーク」に込めた思いとは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部