2019年5月30日 更新

優柔不断を直す「決断力」を身につけるためにすべきこと

今日はどんな服を着るのか、休日はどこへ行くのか。 私たちは、毎日決断を強いられています。実は、5人に1人は優柔不断というカテゴリーに属するといわれる現代、決断力を培うためにするべきこととは?

gettyimages (38999)

2019.5.30

優柔不断によって時間が消費されていることを認識する

人生における重大な問題から、ソーシャル投稿のハッシュタグ選択にいたるまで、私たちは毎日なんらかの決断をして生きています。
ある調査によれば、人類の20%は優柔不断のために貴重な時間を空費する傾向にあるのだそうです。
また、ノーベル経済学賞を受賞した心理学者ダニエル・カーネマンも、人間は切羽詰まった状況にならないとなかなか決断を行えないとしています。しかし、優柔不断な人が怠け者であるというわけではないのです。実際、決断を下すことはその内容がいかなることであろうとも簡単なことではありません。
カーネマン博士は、あらゆる人が決断を先延ばしにせず時宜にかなった意思決定を行えば、地球規模で仕事の効率は上がるとも語っています。

重大な決断や解決不能な案件を他人に任せてはならない

gettyimages (39003)

アメリカのビジネス誌『ビジネスインサイダー』によると、アメリカのミレニアム世代は子供を持つか持たないかという決断を自分で下せないことが多く、オンラインによるコーチングが大ブームなのだそうです。カップルが疑問を解決するためのオンラインコースは、400ドルほど。
専門家は、若者がライフスタイルアプリTinderでパートナー探しをし、親になるかならないかという意思決定まで第三者の介入がなければできないことについて警鐘を鳴らしています。潜在的な世界で生きることに慣れた人々が、実生活の中で重大な決断・行動をすることができるのでしょうか。

お金を払うことで良い決定がなされたと勘違いする人たち

gettyimages (39007)

こうしたオンラインによる相談ブームがなぜ隆盛なのか。
シカゴ大学の心理学教授ジョセフ・フェッラーリは、こう解釈しています。
お金を支払うことで、自身が下す決定により導かれたであろう結果よりも、より良いものを手に入れることができると信じている人が多いためである、と。
いっぽうで、決断力がある人はみずからの長所と短所をよくよく把握したうえで、状況を観察し決定を下します。優柔不断の人は、まず自分の長所と短所の把握ができていないことが多いのだそうです。

人生の厚みは過去に下した決断によって決まることに気づく

gettyimages (39011)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子