2018年12月15日 更新

名画鑑賞では身体変化を意識しよう!感性を磨くアート研修

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。名画を鑑賞するときに身体感覚を意識することで、独自の体験として語ることができます。 今回は「名画に温度を感じる」です。

画像提供 Bunkamura ザ・ミュージアム

2018.12.15
さて、あなたはこの作品に、どんな温度を感じますか?

皮膚の記憶をたどって作品鑑賞

gettyimages (26956)

今年もあとわずかですね。
東京もだいぶ冷え込むようになり、朝、顔を洗った後のいつまでもひんやりした皮膚の感じに、冬の訪れを実感します。
「ひんやり」・・・
私はこの「ひんやり」を感じる度に、以前、この時期に関わったM.C.エッシャーの作品が頭に浮かんでしまいます。作品を最もよく見ていた時期に自分を包んでいた季節の温度感「ひんやり」が、その時の記憶(10年以上も前の事ですが)を喚起するのですね。もしかしたら私の場合、視覚と皮膚の記憶が、他の感覚に比べて少し近いところに収まっているのかもしれません。
また逆に、以前関わった作品を久しぶりに見た時など、まず蘇ってくるのもその時の皮膚感覚。先ほどのエッシャーのように、その作品と出会った時の周辺温度もあれば、その作品自体に感じた温度の場合もあります。・・・例えば植物画家ルドゥーテのバラの絵を見ると、どこにいても背中あたりにじんわりとしたあたたかさを。モネの『睡蓮』には、真夏に差し掛かる前の、半袖1枚がちょうど心地よい季節の温度を。
熱い・冷たい、気温で言えば暑い・寒いを両極に、何層もの豊かなグラデーションで表現されるこの皮膚感覚。匂いとともに、自分の体験しか指針のないとても主観的な感覚です。
作品に温度を感じる、とは、自分の皮膚記憶の喚起。
そこで今回のテーマは「この作品に、どんな温度を感じますか」。
このシリーズ「ひとり研修」では、これまで、作品解説に捉われず色や形など純粋に見えるままを言葉にしてみる事、そして先回は、そこにひとりデジタル研修ならではの「聴く」を足して、自由に解釈を広げてみる事をおススメしました。いずれも、PCやスマホの画面を見ながら、今この時点から新しい刺激を取り込んで広げられる感覚。
今回は「温度」・・・頼りになるのは、みなさんのリアル体験・記憶のみという事になりますね。
是非静かに、自分の記憶をたどりながら作品を鑑賞してみてください。皮膚感覚こそ、まさに「ひとり」のもの。氷の絵をみて、冷たさを思い浮かべるひともいれば、猛暑の日に入ったビルの冷気を感じるひと、雪を楽しんだ旅の記憶に温かさを感じるひともいるはずです。旅先での特別な体験はもちろん、日常生活で何気なく通り過ぎてきた皮膚の記憶が、ふと湧いてくるかもしれませんよ。

今月の作品は・・・

画像提供 Bunkamura ザ・ミュージアム

これは、ロシアの画家イワン・クラムスコイの《忘れえぬ女(ひと)》(1883年 油彩・キャンヴァス ©The State Tretyakov Gallery)
関東在住の人は、「また お会いできますね。」という台詞とともに、駅のポスターなどで彼女に見つめられた覚えがあるかもしれませんね。描かれているのは、馬車に乗った女性の姿。街並みを包む靄、屋根に積もった雪、女性がまとう毛皮・・・寒い冬の光景ですね。
作品の舞台はロシア、サンクトペテルスブルク。冬の最高気温が氷点下という土地ですから、場所を知ってしまうと、印象は迷わず「極寒」。マイナス10度程度までは体感したことがありますが、それだけをリアルに思い出すと、今すぐ逃げ出したい!
でもこの作品、ただただ背中を丸めて暖かい場所に入りたい、とは違った、背筋をピンと伸ばして歩かなければ、と感じさせるような、張り詰めた冷気を感じませんか?
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部