2019年6月28日 更新

新潟の夏を楽しむ旅!おすすめ観光スポット・イベント・グルメをご紹介

太平洋側の各地ではもうすぐ蒸し暑い夏の到来。でも日本海側ではカラッとした過ごしやすい季節になります。この時期、新潟県長岡市では「長岡まつり」が、そして上越市では「上越蓮まつり」が開催されます。そんなイベントに併せた周辺の観光スポットとグルメをご紹介します。

gettyimages (40397)

2019.6.28

上越市高田公園で開かれる「上越蓮まつり」

旅の始まりは上越市の高田公園で行われる「上越蓮まつり」から。今年で40回目を迎えるこのイベントは7月20日(土)~8月25日(日)に開かれます。かつて高田城が建っていた城跡の周りを囲むお堀には無数の蓮が生息し、この季節になると美しいピンクの花が満開に。その見事な景観は東洋一と言われています。イベントでは、写真展示会や観蓮茶会、町家公開や高田の町散策ツアーなどが開かれます。

公式サイト: http://www.joetsu-kanko.net/event.html
高田公園は、かつて高田城が建っていた所です。本丸を初めほとんどの建物は取り壊されてしまいましたが、三十櫓が今でも残っています。蓮まつり期間中、この三十櫓もぜひ見学してみてください。
高田市でおすすめの食事処は百年料亭「 宇喜世(うきよ)」。江戸末期に創立したこの料亭は料理と並んで書院造りの建物が自慢。国登録流形文化財に指定されています。蓮まつりの季節には写真のような蓮を使った料理を味わってみるのはどうでしょう。

公式サイト:http://www.ukiyo.jp/
料金:夜の会席料理6,300円~、ランチ1,680円~

十日町で「美人林」を散策

次の目的地は「十日町」。十日町の松之山には「美人林」と呼ばれるブナの林があります。樹齢100年ほどのブナの木が、辺り一帯に茂り美しい光景を造り出しています。

美人林になる前の昭和初期、この辺りに生息していた木を炭にするため、すべて伐採してしました。ところがその後にブナの木が生え出し現在のような見事な林を形作るようになったと言われています。今では年間10万人が訪れる景勝地に!市街地から少し離れますが、ぜひ訪ねたい観光スポットです。 アクセス:北越急行ほくほく線に乗り、「まつだい駅」で下車。駅から「松之山温泉行」バスに乗り15分、「堺松」バス停で下車し徒歩20分。 公式サイト: http://www.tokamachishikankou.jp/bijinbayashi/
十日町の名物は「湯治豚」。温泉で調理したしっとりとして柔らかな味わいのあるポーク料理です。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お盆休みは涼を求めて信州へ!おすすめ観光スポット&グルメをご紹介

お盆休みは涼を求めて信州へ!おすすめ観光スポット&グルメをご紹介

もうすぐお盆休みですね。今年は最多で9連休を取る人も多いのではないでしょうか。そこでご紹介したいのが涼しい長野県で過ごす信州の旅。絶景や、美術館、パワースポット、そして信州の郷土料理などをご紹介します。暑い夏に涼を求めてぜひ出かけてみてください!
【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
バルト3国は世界遺産の街!おすすめ観光スポットをご紹介

バルト3国は世界遺産の街!おすすめ観光スポットをご紹介

「バルト三国」はヨーロッパ北部にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの3国の総称です。 3国間の移動がしやすく、治安も良い、食事も美味しいおすすめ観光地として注目されています。そんな中世の趣が残るバルト3国の、おすすめ観光スポットを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT