2019年4月5日 更新

2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

3月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2019年の利上げ見通しが「ゼロ」となる見通しが示されました。市場の期待通りにFRBがハト派的な姿勢を示したにもかかわらず市場は落ち着きを見せていません。市場の不安定さの原因の一つが2月に報じられたグリーンスパン氏のコメントの中で見つけることができました。

gettyimages (35257)

2019.4.5

結局のことろ世界経済を左右しているのは米国の金融政策と中国経済

gettyimages (35260)

みなさんの記憶に新しいと思いますが2018年2月と10月に米国株式市場は大きく下落しました。その原因は米国長期金利の急上昇だとされています。
それ以前の2017年米国株式相場は、政策金利こそ利上げが開始されていましたが歴史的に見て低金利の環境下にあったことから強気相場を形成していました。しかしこの強気相場の裏では、2016年12月の利上げ開始、2017年のFRBバランスシートの縮小といった超緩和的な金融相場からの卒業による相場の変調が徐々に進行していました。
それからも市場環境は目まぐるしく変わりましたが、FBRは金融政策の正常化を目指し粛々と利上げの継続、そしてバランスシートの縮小を行ってきたのですが、2018年12月以降の株価の大幅下落(市場の催促、催促相場)に屈する形で2019年1月からハト派的政策へとかじを切り、そしてついに2019年3月20日のFOMCで2019年の利上げなし、12月終了予定の資産縮小も前倒しして9月に終了と市場に対して満点の回答を行いました。
しかし、市場はそれでは満足しませんでした。イールドカーブが逆イールドになったからだとか、経済見通しが明るくないから緩和政策を選択したんだなどといった理由を並べ、株価の見通しに対してあまり強気にはなれないようです。
今回はこのような市場の動きに対する分析ではなく、FOMC後のハウエル議長のコメントに注目すべきことがありました。これについて考えて見たいと思います。それは、パウエル議長の「インフレという観点では悩んでいない」、「インフレの低下圧力は大きなチャレンジ」というものです。
gettyimages (35275)

これによるとパウエル議長は現時点であまりインフレを懸念していないようです。しかし、市場の反応は異なります。このインフレを助長するようなFRBの政策転換は将来的にはバブルを形成することになります。
新聞等ではイールドカーブの逆転(10年と3カ月の金利)が話題になっていますが、5年と30年の金利差はFOMC後に逆に広がりをみせており将来の長期金利の上昇(インフレ率上昇)を示しています。私がこの時点でお伝えしたいのは、今回の政策転換で市場はインフレに注目をし始めているということです。
と、ここで、一旦米国金融政策の話は中断して中国経済の現状を確認してみたいと思います。最近は、中国の経済減速についての報道が増えていますが、そもそも中国の景気後退は2018年の初頭から始まっています。今に始まった話ではありません。ましてや米中貿易戦争がきっかけではありません。
中国は、持続的な成長を目指し2017年から過剰設備投資と過剰債務の整理を粛々と進めてきました。その結果、今回の景気減速が始まったとされています。実は、2014年から2016年にも同じような取り組みが行われその時も景気後退を招きチャイナ・ショックが起こりました。
今回、景気後退の兆しを受けて中国政府は国債の発行増、預金準備金の引き下げなどの緩和的な金融政策による経済対策を行い復調を目指しています。しかしながら、このような金融政策だけでは6%以上の経済成長をこれからも維持できるかは疑問です。そもそも成長自体が鈍化し始めている中国において、これまでの高成長を維持するのは更に強力な財政出動などが必要になると市場は捉えています。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊