2017年9月10日 更新

大自然に囲まれた北の離島、利尻島・礼文島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.1

2017.7.12
有人島の中では日本最北端の離島、礼文島をご存知でしょうか。涼しい気候のため海抜0mから高山植物を見ることができ、「花の浮島」の異名をもつこの島は、美味しいウニが食べられることでも有名! そしてお隣には、山が浮かんでいるように見える利尻島。
日本全国の島旅をリポートするシリーズ第1回は、大自然が素晴らしい、利尻島・礼文島を紹介します。

フェリーで礼文島へ

礼文島は空港がないため、フェリーが唯一のアクセス手段です。稚内からはフェリーで2時間程度、1日2〜4往復ほど便が出ているため、アクセスは良好です。

甲板に出ることができるため、風を感じながらの船旅を楽しめます
礼文島は「花の浮島」と呼ばれています。中でも特に見て欲しいのは、このレブンアツモリソウ。

その希少性から「特定国内希少野生動植物種」に指定されているそうです
礼文島のみで見られる野生のランです。ほぼ、北鉄府地区の保護区でしか見ることができないのですが、5-6月には可憐な花を咲かせます。訪問のタイミングが合った方はぜひ探してみてくださいね。
こちらは澄海岬(すかいみさき)。

展望台あり。名前のとおり澄んだ海を一望できます
礼文島の西海岸は、海の青さを楽しめるスポットがいくつかあるのですが、その中でもおすすめなのがこの澄海岬。礼文島の自然の美しさを感じられる場所なんです。
中島みゆきさんの名曲「銀の龍の背に乗って」のプロモーションビデオはここで撮影されたそうですよ。

「珍し〜い」グルメも楽しめる

ちなみに、澄海岬のふもとにある食堂にはこんなB級?グルメが。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

神々が宿るパワースポット「壱岐島」で海と美食に癒やされる旅

神々が宿るパワースポット「壱岐島」で海と美食に癒やされる旅

いつか行きたい憧れの離島。今回は長崎県にある壱岐島です。壱岐島は福岡県と対馬市の中間地点にあり、福岡市博多港より西北に76キロメートル離れた島です。福岡から高速船で約1時間で行くことができ、気軽に離島観光ができます。ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.8
宮古島〜日本とは思えない絶景に息を飲み、心洗われる

宮古島〜日本とは思えない絶景に息を飲み、心洗われる

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.7
島そのものが聖地。神々が宿る神秘の離島、久高島

島そのものが聖地。神々が宿る神秘の離島、久高島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.6
那覇空港から15分でいけるお手軽リゾート、瀬長島

那覇空港から15分でいけるお手軽リゾート、瀬長島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.5
密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

熱帯気候に属し、国土の約60%〜65%がジャングルというマレーシア。そんなマレーシアの離島、ランカウイ島にSTAGEの編集が行ってきました。人生にはリセットが必要ですよね。ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.4〜

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部