2019年9月17日 更新

脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

長時間の立ち仕事やデスクワークを行っていると、夕方には脚がパンパンにむくんでしまうことがあります。しかし、間違ったケアではむくみ依存体質になることも。そこで今回は、脚のむくみ解消におすすめのトレーニングとストレッチについて解説していきます。

gettyimages (46924)

2019.9.17

脚がむくむ原因と対処法

gettyimages (46923)

脚がむくんでしまう大きな原因は、血液やリンパの循環力不足です。
脚は心臓から遠い位置にあるため、血液の循環が滞りがちになります。また、心臓よりも脚を下にした体勢を長時間続けていると、重力の影響でリンパのめぐりも悪化してしまいます。そのため、脚の血流とリンパの流れを良くすることがむくみ解消には欠かせません。
むくみを改善するためには、血液のポンプ機能を果たしている脚、特にヒザ下の筋力を上げることが重要です。さらに、血流が滞りがちな股関節を中心にストレッチして、全身に血液やリンパを循環させることが大切です。
それでは、具体的なトレーニング法とストレッチ法について説明していきます。

むくみ解消トレーニング①つま先歩き

gettyimages (46917)

むくみやすいヒザ下の筋肉は、日常生活の中であまり大きな動きはしません。そのため、筋肉が硬くなりやすく、また発達しにくい傾向にあります。特に、普段からヒールの高い靴を履いている場合は注意しましょう。そこで、ふくらはぎの筋肉を鍛えるために、つま先歩きをおすすめします。ただ、つま先立ちで歩くのでは意味がありません。歩行時にかかとから着地し、つま先で地面を蹴り上げますが、その際にいつもよりかかとを高く上げます。そうすることで、ふくらはぎの筋肉がよく動かされる他、より収縮して筋力アップに貢献できます。通勤時などに、足の裏を後方に向ける感覚で歩いてみましょう。疲労を感じたら普段の歩き方に戻し、2~3分後に再開してください。
なお、普段からよく歩いている人は、太ももの筋肉がある程度ついています。しかし、あまり歩かない人の場合は、下半身全体の筋力が不足している傾向にあるため、血液のポンプ機能が低下している恐れがあります。そのため、ふくらはぎとあわせて、ウォーキングやスクワットなどで太ももの筋肉も強化しましょう。

むくみ解消トレーニング②足の甲反らせ運動

gettyimages (46913)

ふくらはぎとは反対側にあるスネの部分にも筋肉があります。この筋肉を鍛えることで、ヒザ下の筋肉量が増えるだけでなく、ふくらはぎの筋力アップのサポートにもなります。そのためにおすすめのトレーニングが、足の甲反らせ運動です。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

「むくみや脂肪で太い」「筋肉でボコボコしている」そんなふくらはぎの悩みを抱えている人は少なくありません。筋トレで対策をしても逆効果になることも。そこで今回は、ふくらはぎが太くなる原因やラインをキレイにする方法について解説していきます。
背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中の脂肪やたるみで悩んでいる人は少なくありません。背中は自分では確認しにくいため、知らないうちに理想とはかけ離れた後ろ姿になっていることもあります。今回は、 背中にぜい肉がつく原因や脂肪を落とすトレーニング法などについて解説していきます。
その疲れ「秋バテ」かも?不調の原因や、すぐできる対策方法を解説

その疲れ「秋バテ」かも?不調の原因や、すぐできる対策方法を解説

涼しくなる秋は過ごしやすい季節です。しかし、夏の生活習慣次第では、だるくなったり気分が沈んだりする「秋バテ」の症状があらわれてしまいます。そこで今回は、 秋バテの原因や予防する方法、おすすめの秋バテ対策について解説していきます。
大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を集中的に短時間で鍛える!プッシュアップHIITのポイント解説

大胸筋を自重で鍛える場合、強度の高いトレーニングができずに筋肥大に苦労している人は少なくありません。そこでおすすめする方法が、大胸筋を集中的に鍛えることができる、インターバルの短い高強度トレーニング「プッシュアップHIIT」です。
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座