2018年10月1日 更新

テクニックや行動ではなく思考をまねることが成功へのショートカットだ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

gettyimages (18655)

2018.7.31

テクニックや行動ではなく思考をまねる

gettyimages (18661)

「思考信託」と「行動をまねること」の違いを理解していただくために、僕が実際に思考信託をした例を紹介しましょう。
26歳のとき、僕は高級オーデイオの通信販売事業を立ち上げました。僕にとっては初めての起業でした。
当時、日本ではホームオーディオの中でもハイエンド(高級)オーデイオと呼ばれるものはとても高価で、スピーカーだけで100万円ほどのものも多々ありました。
しかし、欧米では同じ製品が半額ほどで販売されていたので、この価格差に目をつけて、海外でオーデイオを仕入れて日本で販売することにしたのです。
このときの僕の事業パートナーが、すでに20年のビジネス経験があり、大企業の米国支社長を務めた実績をもつ男性でした。
彼は、ビジネスのド素人である僕に、「在庫をもたないビジネスをしよう」と提案してくれました。つまり、お客さまからの注文を受けたらお金を先に入金してもらい、そのお金を仕入資金にまわしたのです。
このようなしくみを構築することで、結果的にキャッシュフローが不足して困るという事態は避けられ、順調に事業は軌道に乗りました。
僕は当時、会社経営の経験もなく、キャッシュフローについても理解していなかったので、このような「資金繰り」の発想はまったくもちあわせていませんでした。
小売り事業を立ち上げるにあたり、通常は「在庫をもたない」という発想は考えにくいと思います。在庫をもって商品を販売するのが、過去の経験から当たり前だと思っているからです。
独立した当初の僕も同様に、「在庫をもたずにモノが売れるはずがない」と思っていました。
一方で、事業パートナーの彼は豊富なビジネスの経験と知識に裏づけされた「思考」にもとづいて、「在庫をもたない」というビジネスモデルを考えついたのです。
事業を継続していくにあたり、とても重要なキャッシュフローという概念をもっていなかった僕は、事業経験が豊かな人の「思考」を取り入れたほうがよいと考えました。
もしも、彼のアドバイスを聞かずに、商品を仕入れてから販売するというビジネスモデルにこだわっていたら、多くの在庫をもつことのできなかった僕は、おそらくすぐに資金が底を尽き、売上を伸ばすことも、事業を継続することもできなかったと思います。
このときの経験から僕は、

自分よりはるかにビジネスの経験がある人の「思考」にしたがったほうが、ビジネスはうまくいく

ということを確信したのです。

飲まなかった「ワイン」が教えてくれたこと

gettyimages (18664)

もうひとつ、僕の思考信託の体験談をご紹介しましょう。
僕は、いまではお酒を飲むようになりましたが、独立してから5年くらいは、まつ
たくお酒を口にしない生活をしていました。
サーフインや仕事が好きな僕は、いわゆる「接待」のようなものは好きではなく、お酒を飲んでいる時間があるならば、仕事や読書をしていたほうがよいと考えていたのです。
その当時は、自分の「我」が邪魔をして、友人に飲みに誘われても、あまり行くこともありませんでした。
その思考を変えてくれたのが、僕の友人でもあり、ビジネスパートナーでもある本田直之さんです。本田さんは、大ベストセラーとなった『レバレッジ』シリーズの著者としても知られています。

本田さんは5年以上前、僕の視野を広げるために、世界中の人と知り合う機会をつくってくれました。
東京にいては経験することのないアメリカやアジアの文化を経験するため、本田さんは視察旅行を年に数回行っているのですが、その旅行に僕を誘ってくれたのです。
そのときに、10年ほどでいくつもの会社を成長させた経験をもっている現地経営者と食事や会話をする機会がありました。
本田さんは、日本に住んだことのない現地の外国人経営者と、ワインなど世界に共通する文化の話をきっかけに会話を弾ませていました。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

トラスティは必ずいる

トラスティは必ずいる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
思考をまねすれば 結果も変わる

思考をまねすれば 結果も変わる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
思考信託 全面的に信頼できる人に思考を預けよう

思考信託 全面的に信頼できる人に思考を預けよう

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人