2018年5月16日 更新

会社でできないことは課外活動で学び取る。「オンラインサロンで運営を学び起業」柴山由香さんインタビュー

運営者としていくつものオンラインサロンで活動する柴山由香さん。子育てをしながら会社経営もし、それだけでも多忙なはずなのに、サロン運営に取り組む姿はかろやかです。サロン主催者からの信頼厚い柴山さんに、仕事も人生も輝かせるサロンの魅力についてお話を伺いました。

2018.5.16
――柴山さんは、今どんなサロンに参加されているのですか。

今関わっているのは、箕輪編集室、櫻田潤さんのインフォグラフィックサロン、風呂敷畳み人サロン、サウナサロンです。サウナサロンはただ楽しむために参加していますが、それ以外は運営として関わっています。それに、NewsPicksアカデミアのアンバサダーもやっています。

――「運営」がメインになるのですね。

はい。運営をしていると、サロンイベントの中身は集中して聞くことができなかったりします。ですが、「会社では思うような仕事ができない」という方がサロンでやりたいことをやっていく、そんな「場」を作りたいという思いでやっています。

箕輪編集室 朝活の様子

震災で痛感した思考停止の自分

――サロン活動を始めたのはいつのことだったのですか。
最初は、2011年です。

当時、私はメーカーの顧客対応部門で働いていて、子供は6歳。ガラスの天井も感じていましたが、会社員としての働き方に疑問は持っていませんでした。そんな考えが変わったのは東日本大震災の後です。

たいへんな非常時に、定時まで仕事をして帰るということをしていました。会社に時間を切り売りし、やりたいときにやるべきことができない自分を痛感しました。

一方、堀江貴文さんやピーチジョンの野口美佳さんは、ご自身のネットワークを生かして、有事に社会に貢献していました。

それを見て、次に何かあったら、誰かのために動ける側にいたい――そう強く思い、ワーママとして結果を出している勝間和代さんに惹かれて、勝間塾に入りました。

当時はまだオンラインサロンはめずらしく、岡田斗司夫さんのFREEex(フリックス)と、勝間塾のふたつぐらいしかない時代でした。

勝間さんは、他の人が「まぁいいや」と思ってしまうところを突きつめます。ルンバ、食洗機を早い段階から取り入れ、家事も外注できるところは外注する。その分稼げばいいという考え方をいち早く取り入れ、発信している方でした。

宝塚ファンクラブの運営で会社経営に必要なノウハウを学んだ

――当時、社外活動で宝塚ファンクラブの運営にも力を入れていたそうですね。

はい。宝塚ファンクラブはサロンではないのですが、似たところはあります。

ファンクラブは、応援している女優さんの活躍の場が増えるように、その女優さんを通してチケットを売る組織です数百人程のメンバーで、数千万円のチケットを売る。そのために強固なファンコミュニティを作っていました。

――そこではどんなことをしていたのですか。

チケットを数千万円売るためには、原資が必要です。そのために、イベント運営、スタッフ採用、グッズ販売などをやっていました。格好悪いグッズは売りたくなかったから、グッズの企画・制作もしました。

そこでは、仕事では経験できないような、勉強になることばかりできました。大企業にいると見えないものが、ファンクラブだと全部見えるのです。お金の流れも、人の流れも。

その時のグッズ制作の経験から、今のノベルティグッズの起業につながりました。

thinkstock (14717)

起業して、サロンで横の関係を築いていった

――現在、CEOをされているLA BOUSSOLEはどんな事業内容なのですか。

ノベルティグッズの企画制作です。ノベルティはどれも似てしまうことが多いのですが、うちでは、クライアント企業にとって納得感があるものを個別に提案するということをしています。毎回、全部に違うものを提案するから結構たいへんなのですが、これも、宝塚ファンクラブの経験があったからできていることです。

――サロン活動は起業後も続けていたのですか。

ファンクラブと勝間塾は忙しかったこともあり一旦やめていたのですが、起業後、社会でのつながりを増やしたくて2016年の末に勝間塾に戻りました。当時、勝間塾には二種類の会員がいて合計で数千人が在籍していましたので、色々な業種の方とのつながりを増やすことができました。

つながりのきっかけは、イベント運営です。勝間塾には、メンバーが自由にイベントを立てていい仕組みがあったので、そこでいろいろなイベントを主催しました。勝間さんとも仲良くなり、「ロジカルクッキング」のイベントを一緒に開催したりしました。

勝間和代さん(右)と

才能がある人をサポートし、お金ではないたくさんのものをもらう

――柴山さんは、サロン主催者の片腕になれる、特別な何かをお持ちのような気がします。

勝間和代さんも箕輪厚介さんもそうなのですが、すごい人は意外と細かいことが苦手だったりします。そこを埋めている感覚です。

才能ある方が、サロンでやりたいことがあるのに、リソースがなくてできなかったら、それは参加する人にとっても、もったいないですよね。そこをつなぎたいのです。

――恐れ多いような気がして、すごい人にはなかなか近づけないのですが・・。

素敵な人がいたら、私は一緒に仕事がしたいと思います。起業もしているので、「仕事相手になれたらいいな」という夢みたいな目標も持っています。

だから、勝間さんが五反田にボードゲームのお店を立ち上げたとき、備品が足りなかったので、それを作るところをお仕事としてサポートさせていただきました。

――「埋める」作業は、たいへんなことも多いのではないでしょうか。雑用など、ちょっとやりたくないと思ってしまうようなタスクもあるのでは。

私はむしろ、何もしない方がもったいないと思っています。

素敵な人に惹かれて、会費を払ってサロンに入っているのだから、その人たちと同じ空気を吸うことに価値がある。近くに行けば、その人の思考の癖や、どんな人と付き合いがあるのか、自然と入ってきます。それは、本などではわからない、なまみで付き合う価値です。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

「言葉」をうまく使えたらビジネスでの発信力も上げられる―。今最も活躍するウェブライターやコピーライターが講師を務めるオンラインサロン「明日のライターゼミ」は、現役ライターやその卵だけでなく、企業のPR担当者や一般の会社員など、幅広い層から注目を集めています。自身も輝かしいクリエイティブの実績を持つゼミ主催者 西島知宏氏がオンラインサロンを開いたのはなぜか。ビジネスとクリエイティブの境界が重なりつつある今、ビジネスパーソンにも注目のライター論をお届けします。
「実行」こそアート。NewsPicks編集者 野村高文氏が運営する「既存の組織を超えて実行力を高めるコミュニティ」

「実行」こそアート。NewsPicks編集者 野村高文氏が運営する「既存の組織を超えて実行力を高めるコミュニティ」

ソーシャル経済メディアNewsPicksの編集者でありながら、ビジネスパーソンのコミュニティ「NewsPicksアカデミア」のプロジェクトマネージャーを務め、個人でもサロンを運営する野村高文氏。既存のマスメディアの枠組みにとらわれず、かろやかに新しいことに取り組み、周囲の信頼を実行に変えるその人柄には特別なスマートさを感じます。そんな野村さんの原動力とコミュニティ運営の思いについて、お話を聞きました。
事務職だけどプライベートはクリエイティブ――オンラインサロンでなりたい自分になる自分磨きの方法

事務職だけどプライベートはクリエイティブ――オンラインサロンでなりたい自分になる自分磨きの方法

東京の一部、インターネット界隈で、今オンラインサロンが異常な盛り上がりを見せています。その目的は、知識を得ることから、交流し、アクティブにアウトプットすることまでさまざま。なぜ今オンラインサロンに人が集まっているのでしょうか。その魅力に迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山口晶子 山口晶子
お金の教養講座