2018年8月22日 更新

〈長谷川穂積〉「自分に勝つ」のは簡単だ。誰にでもできる〜WBC世界スーパーバンタム級王者

「お金とは、ただのチケットである(長谷川穂積)」

2018.4.2

「自分に勝つ方法」。それは驚くほどシンプルなものだった。

STAGE編集部:ボクシング人生を通じて学んだ「人生の教訓」
長谷川:ボクシングで学んだことは「自分に勝つのは誰でもできる」ということ。よく「自分に勝つにはどうしたらいいですか?」という質問をもらうんですけど、例えば、自分で毎日1キロ走ると決めるじゃないですか。それを1カ月続けるだけで、実は自分に勝てているんですよ。そうすることによって、「あ、俺1キロだけど、1カ月続けられた」という「自分に勝てる自分」ができ上がるんです。
もう1カ月続けようとか、もうちょっと距離伸ばそうとやっていくことによって、さらにまた自分に勝っていける。勝ち続けることが重要なんです。
STAGE編集部:まずは小さくてもいい。決めた目標をクリアすることが大事だという。
長谷川: 1キロでいいんです。毎日走ると決めて実行するだけです。みんな目標を高く設定して失敗するじゃないですか。500メートルでもいいんですよ。毎日走って「常に負けない自分をキープ」することの方が重要です。
STAGE編集部:成功を積み上げている自信が、より強い自分を作っていく。
長谷川:僕は絶対そうだと思います。引退してから余計思うようになりました。現役中は毎朝走るのが当たり前でしたけど今でも毎朝走っているんです。自分に勝って一日をスタートしたいんですね。あとやっぱり大切なのは「好きであること」ですかね。
STAGE編集部:仕事などが嫌いになってしまいそうな時はどうすればいいのだろうか?
長谷川:楽しいことを想像するといいですよ。ボクシングでいうと、もちろん一番は「チャンピオンになる」「試合に勝つこと」じゃないですか。でも、計量の後のご飯を食べることとか、パンチが当たったら楽しいとか。そういう細かいことでも良いんです。
サラリーマンの方であれば、いつか社長になるとかそういうのでも全然いいんじゃないですか?「好きであること」が出来ないまま成功している人はいないから。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。 パフォーマー? 心理学者? 驚くことにその名を世に知らしめる契機となった「メンタリスト」という肩書さえ、 もはやフィットするものではないそうです。一 体彼は何者なのか。そして、彼にとって「お金」とは何なのか。 瞠目するほど歯切れのよい話しぶりに、決して揺らぐことがない生き方が浮かび上がりました。
〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部