2018年4月2日 更新

〈長谷川穂積〉「自分に勝つ」のは簡単だ。誰にでもできる〜WBC世界スーパーバンタム級王者

「お金とは、ただのチケットである」

 (10928)

2018.4.2

「自分に勝つ方法」。それは驚くほどシンプルなものだった。

 (10889)

STAGE編集部:ボクシング人生を通じて学んだ「人生の教訓」
長谷川:ボクシングで学んだことは「自分に勝つのは誰でもできる」ということ。よく「自分に勝つにはどうしたらいいですか?」という質問をもらうんですけど、例えば、自分で毎日1キロ走ると決めるじゃないですか。それを1カ月続けるだけで、実は自分に勝てているんですよ。そうすることによって、「あ、俺1キロだけど、1カ月続けられた」という「自分に勝てる自分」ができ上がるんです。
もう1カ月続けようとか、もうちょっと距離伸ばそうとやっていくことによって、さらにまた自分に勝っていける。勝ち続けることが重要なんです。
STAGE編集部:まずは小さくてもいい。決めた目標をクリアすることが大事だという。
長谷川: 1キロでいいんです。毎日走ると決めて実行するだけです。みんな目標を高く設定して失敗するじゃないですか。500メートルでもいいんですよ。毎日走って「常に負けない自分をキープ」することの方が重要です。
STAGE編集部:成功を積み上げている自信が、より強い自分を作っていく。
長谷川:僕は絶対そうだと思います。引退してから余計思うようになりました。現役中は毎朝走るのが当たり前でしたけど今でも毎朝走っているんです。自分に勝って一日をスタートしたいんですね。あとやっぱり大切なのは「好きであること」ですかね。
STAGE編集部:仕事などが嫌いになってしまいそうな時はどうすればいいのだろうか?
長谷川:楽しいことを想像するといいですよ。ボクシングでいうと、もちろん一番は「チャンピオンになる」「試合に勝つこと」じゃないですか。でも、計量の後のご飯を食べることとか、パンチが当たったら楽しいとか。そういう細かいことでも良いんです。
サラリーマンの方であれば、いつか社長になるとかそういうのでも全然いいんじゃないですか?「好きであること」が出来ないまま成功している人はいないから。
STAGE編集部:そしてもうひとつ夢を叶えるために大切なことが…
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈長谷川穂積〉 ボクシング世界チャンピオン3階級制覇! 強い相手、そして自分と戦い続けて身に付けた「人生の美学」とは

〈長谷川穂積〉 ボクシング世界チャンピオン3階級制覇! 強い相手、そして自分と戦い続けて身に付けた「人生の美学」とは

2016年9月16日。激闘を制しWBC世界スーパーバンタム級王者に。3階級制覇の偉業を達成しました。引退後の現在は、解説者としてボクシング界に貢献しながらタレント活動、さらにはタイ料理店のオーナーも務めている長谷川さん。
「天下が取れるお金のケチり方」を稀代のケチ男!? 徳川家康に学ぶ

「天下が取れるお金のケチり方」を稀代のケチ男!? 徳川家康に学ぶ

あなたは徳川家康という人物を知っているでしょうか? 江戸幕府を開いたとして授業で習いましたが、近年それだけではなくその経済政策やお金に対する考え方などが、話題になっているのです。
自由席出張を好んでする人は一生プアかもしれない

自由席出張を好んでする人は一生プアかもしれない

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

〈グローバー〉東大を中退してミュージシャンに。少し遠回りをして見えた新たな生きる道とは?

東大卒ミュージシャンとして音楽活動の他、クイズタレント・コメンテーターとしても活躍するグローバーさん。実は彼は苦労して入った東大を中退し、ミュージシャンの道を選んだという過去が…。その後、再び大学に戻り無事卒業。時を同じくして、立ちはだかっていた壁が崩れ、新たな道が開けたと言います。少し遠回りをしたことで見えたグローバーさんの人生観とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座