2018年12月26日 更新

行動経済学とは?経済学との違いや身近な例を解説

行動経済学というと、難しい数式や堅苦しい論文、聞き慣れない学問というイメージがあるかもしれません。しかし、行動経済学は私たちの生活と密接な関係にあります。上手に取り入れることで、ビジネスを円滑にし、目標達成を加速させることができます。今回は、そんな行動経済学を解説します。

Bulletin Board Stickies Post-It · Free image on Pixabay (27261)

2018.12.26

行動経済学とは?

Entrepreneur Start Up · Free image on Pixabay (27263)

行動経済学とは、人間の心理や感情的な側面をベースに分析される経済学です。人間は必ずしも合理的な行動をするわけではない、という考えに則って発展した学問で、それまでの経済学にはなかった新しい考え方です。
最初の研究は、1950年頃から始まったとされています。よりリアリティのある経済学を追求するべく研究が進みましたが、一般的に広まることはありませんでした。この頃の研究は第一世代(旧行動経済学)と呼ばれています。
その後、1990年代から第二世代(新行動経済学)が急速に発展し始めます。第一世代の研究や主流派経済学を踏襲しながらも、新たな代替モデルが作られていきました。
そして2017年10月には、行動経済学の権威として世界的に知られるシカゴ大学のリチャード・セイラー教授が、ノーベル経済学賞を受賞。この受賞により、これまで以上に行動経済学が注目され始めます。
ちなみに、リチャード・セイラーは第一世代の研究者で、2002年にも同じく第一世代の研究者であるダニエル・カーネマンがノーベル経済学賞を受賞しています。このように、行動経済学は世界的に少しずつ浸透し始め、今や主流派の一つとして認められるまでに至っています。

行動経済学と経済学の違い

Books Bookshelf Library · Free photo on Pixabay (27265)

これまでの経済学は、人間は経済的合理性に基づいて行動し、自己利益を追求する性質を持つという定義のもと成り立っていました。個人主義者としての「経済人(ホモ・エコノミクス)」という人間像をつくり、それをもとに数々の研究、裏付けが行われてきたのです。
つまり、人は自分の利益を最優先し、その利益を確実に得るために合理的な行動を取る、とされてきました。それに対し、必ずしもそうとは言い切れない、という分析を行ってきたのが、行動経済学です。
簡単に言うと、合理的に行動する人間の研究が経済学、感情に従って非合理的に行動する人間の研究が行動経済学、といったイメージです。
経済学とは本来、「人々が幸せになるためにどうするべきか?」という大きな難題に立ち向かい、答えを導き出すための学問です。「幸せ」を考慮するのなら、心理的要因をくみ取る行動経済学が台頭し、評価されてきたことは必然とも言えるのではないでしょうか。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |
世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。
モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

仕事や勉強をしなければならないのにモチベーションが上がらないという経験は誰でもあるはずです。モチベーションが上がれば、仕事もスムーズにこなせ、夢への目標にも近づけるのではないでしょうか。今回は行動経済学の観点から、モチベーションの効果的な上げ方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

長谷川 チエ 長谷川 チエ