2019年2月11日 更新

ストレス解消には自分優先の休暇を!休みに罪悪感を感じない事も大切

仕事や、家族を優先し、自分のことは後回しにする多忙な日々を過ごしていませんか。 そんな時に最も必要なことは、自分のためだけの休暇です。積もり積もったストレスから解放されるための休日の取り方を、イタリアのライフコーチがアドバイスします。

gettyimages (30735)

2019.2.11

「義務」に縛られる現代人たち

gettyimages (30407)

職場では、取引先との商談や社内会議など、締切りに追われ、緊張感のある中で業務をこなし、職場の同僚とも良い関係を築く。
家庭では、パートナーと家事を分担し、休日や隙間時間を見つけてこなしていく。
毎日「~をしなくてはいけない」という義務に縛られていると、自身でも気がつかぬうちに、健康に有害な影響を引き起こすレベルにまでストレスは溜まっているかもしれません。「ストレスは万病の元」という言葉にもあるように、こうした「義務感」ばかり日々感じていると、自分が何を求めているかさえ、分からなくなってしまうかもしれません。
ライフコーチとして、特にストレスを抱えるセレブたちにアドバイスを続けているマリーナ・コラッツィは、自分自身のために1日の休暇をご褒美にすることがいかに大事であるかを主張します。
責任や仕事をまっとうすることは、社会人としての義務です。しかし、自身の精神的な健康を維持することも、成熟した大人として人生の基本であるとコラッツィ女史は語ります。
罪悪感を感じることなく、1日をゆったりと自分のためだけに過ごすにはどんなコツがあるのでしょうか。

自分のための空間を、「物理的に」確保する

gettyimages (30416)

コラッツィ女史は、まず生活空間の中に自分だけのスペースを確保することが重要だといいます。
自分がリラックスできる関心事に時間を使うことは、決してエゴではありません。聖書には、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」とあります。つまり、まずは自分を大事にしなくては、他者を大事にすることはできないというのが古来の教えなのです。
さらに、自分のためにある一定時間を割くことは、生活の中で無駄なことを行う時間がなくなり、結果省いていくことにもつながるのだそうです。

41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子