2017年11月16日 更新

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

thinkstock (5741)

2017.10.24
『お金原論』という本の命題は、「お金とは何か」ということ。
「お金」という軸を通じて自分自身をニュートラルに見ることができれば、人生をもっともっと楽しめるようになるだろう。
これから毎回、『お金原論』の中身を少しずつ伝えていく。すべてが賛同を得られるものであるという確信はない。しかし、生活や人生と切っても切り離せない「お金」というものについて、1人でも多くの人に「お金とは何か」という議論に加わっていただければ幸いである。

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」

thinkstock (5731)

お金はあなたを映す鏡だ。先にも書いたように、レシートとクレジットカードの明細を見れば、生活だけでなく、あなたという人そのものが浮き彫りになる。 
こうした日々のお金との付き合い方の集大成ともいえるのが、預金通帳だ。
住宅ローンなどで金融機関から融資を受ける際に、残高証明書ではなく、預金通帳のコピーを見せてください、と言われることがある。この意図は、残高がいくらあるのかということを知りたいということだけではない。金融機関が知りたいのは、あなたのお金の生活習慣なのだ。
gettyimages (5733)

残高証明書は、「今、いくらの貯蓄があるのか」というエビデンスとしての機能しか持たないが、預金通帳のコピーは、そのまま「お金の履歴書」としての役目を果たす。
「今、何の仕事をしているか」ということだけでなく、「これまでどんな人生を歩んできたか」という歴史を知ることができるのが履歴書だ。
預金通帳もしかり。「今、いくらの貯蓄があるのか」という残高だけでは「結果」しか見えないが、過去の入出金の履歴を見れば、これまでの生活の歴史が手に取るようにわかる。そして、毎月の振込みが同じ日に行われているか、どのような頻度でお金を引き出しているか、クレジットカードの利用額の変動の幅がどのぐらいか、といったことを見ることで、あなたの収入や貯蓄残高といった結果からは見えてこない、あなたの素のお金の生活習慣が浮き彫りになる。
istockphoto (5739)

金融機関が融資の審査の際に見ているのは、収入がどれだけあるか、いざというときにどれだけ返済余力があるか、といった「経済的信用」だけではない、ということだ。預金通帳という、「お金の履歴書」を通じてあなたの人間的信用が試されている。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドン篇。伝統や格式がありつつ、流行を先取りした文化などが発達し、世界中にその強い影響を発揮する街・ロンドン。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座