2019年9月6日 更新

声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

自分の考えをもっとスムーズに伝えられたら、ビジネスはもっとスムーズに流れていくのかもしれません。実は、人に与える印象は、内容だけではなくどんな声で話すかということにカギがあるようです。 近藤名奈著『一流の人は、なぜ話し方よりも「声」を大切にするのか』 より、正しい姿勢で印象のいい声を出すコツをご紹介します。

gettyimages (46315)

2019.9.6

一流はいい声の重要性を知っている

実は、印象の良し悪しを決めている大きな要素は「声」。中略
でも、「声」が変わると、あなたの印象は良くも悪くも大きく変わるのです。
004〜005ページより引用
著者は、2003年よりヴォイストレーニングとフィットネスを融合した、新しいスタイルのトレーニングを研究。現在は、独自のメソッドで、数多くの有名シンガー、俳優、声優、アナウンサーといったプロから一般の人々に到るまで、幅広いレッスンを行っています。
過去に歌手であったという自身の経験を活かし、長年にわたって声のレッスンを行なっている著者。印象というものは、話している内容以外の要素、たとえば声や見た目、仕草などで決まってしまうといいます。
一流の人たちは、声がどれだけ重要なものであるかを知っていて、ポイストレーニングのスクールに通ったりと、声を磨くことが常識になっているようです。
ビジネスにおいて、大事なことを話しているのに、相手になかなか伝わらないということはよくある話です。逆に、大したことではなかったとしても、なぜか納得させられてしまうということも。それは、声の力の差によるものなのだというのです。
政治家や経営者ではなかったとしても、ちょっとした商談やスピーチなどの場で、自分の考えや思いを上手に伝えられたら、もっと物事はスムーズに動くはず。相手に与える声の印象を、いい方向に変えるコツを知りたいものです。
gettyimages (46322)

人間の体は一本の管と同じ

姿勢を整えれば、それだけで「いい声」になれるのです。中略
その点、意識するだけで、すぐに矯正できる・効果があるのが、姿勢を整えることです。
073ページより引用
声の出し方の改善というと、大変なトレーニングが必要なのではないかと心配になってしまいますが、簡単な方法もあるようです。
声が作られるプロセスは、4つあると著者はいいます。
①肺から息を送り出す
②送り出された息が、喉にある声帯を振動させて音をつくる
③その音を口や鼻の空洞で共鳴させる
④共鳴させた音を口と舌を使って加工(発音)する
日頃はあまり意識していないものですが、このプロセスを経て、声は体外へと出ていきます。いい声をつくるためには、3つ目の音を共鳴させるという点にポイントがあるようです。
声帯を通った息が口の奥にしっかり当たるようになると、声帯の振動は口腔内をフルに使って共鳴し、相手が聞き取りやすい明るい声に。そのためには、姿勢を整えることが大事であるといいます。
人間の体は一本の管と同じで、姿勢が悪いと管が曲がってしまうことにつながります。特に、くるぶしに重心を置くことで、首や背中が前傾気味になっている人は、まっすぐになることが可能。
姿勢を正していくことであれば、一日の中であっても簡単にできそうです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。 藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。
ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ブランディングという言葉は、既に耳慣れた印象です。しかし、クリエイティブやアートに関わる分野ではない限り、自分と関係がないような気がしてしまうのも実情です。 小山田育・渡邉デルーカ瞳著『ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと』 より、ビジネスにおけるブランデイングの重要性についてご紹介します。
技術力だけでは生き残れない 伝える力を高めて最強のエンジニアになる

技術力だけでは生き残れない 伝える力を高めて最強のエンジニアになる

現代は、どんな職業であっても技術が高いだけでは生き残っていけない時代です。技術力に「伝える力」が加われば、パフォーマンスは大きく改善されるでしょう。 亀山雅司著『最強のエンジニアになるための話し方の教科書』 より、エンジニアが身につけるべき話し方のコツをご紹介します。
包括信託 フレームワーク⑤〜⑦を繰り返す

包括信託 フレームワーク⑤〜⑦を繰り返す

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ