2017年12月10日 更新

「星のソムリエ」に学ぶ、星空を嗜みこころをリセットする方法

小さい頃、天体望遠鏡で月を覗いた経験はありますか? 暗闇の中にぽっかり浮かぶお月様。遠く離れた宇宙空間にあるモノを、レンズを通して自分の目の前でじっくり見る。もしかすると、はじめて宇宙をリアルに感じる瞬間かもしれません。

 (7639)

 (7640)

2017.12.10
いつしか大人になって、日々目の前の生活に追われているうちに、夜空を見上げることが少なくなってきていませんか ? 忙しい日常の中でも、一瞬立ち止まって夜空を見上げることで、日常を一旦シャットダウンして、心をリセットすることができます。
本日は、普段星のソムリエ(*)として星空の楽しみ方を案内している私が、まるで料理にぴったりのワインを選ぶように、この季節にあった星空・宇宙の楽しみ方をご案内いたします。
* 知識と経験からワインの楽しみ方を教えてくれるソムリエのように、星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれるのが「星のソムリエ」です。®星のソムリエは、山形大学の登録商標であり、星空案内人資格認定制度における資格の名称です。

ふたご座流星群

この12月で一番おススメしたい天文現象は、「ふたご座流星群」です。皆さんは本物の流れ星を見たことがありますか? 夜空に突然現れ、すーっと消えていく流れ星。見えたらそれだけでとても嬉しくなりますよね。
今月は「ふたご座流星群」がやってくるので、流れ星を見るチャンスです。ふたご座流星群と8月のペルセウス座流星群は、毎年多く流れることで有名です。ふたご座流星群の観察ポイントをご紹介しましょう。
・日時
12月13日(水)と14日(木)の夜がおススメです。流れ星全体の数は13日の方が多いですが、特に明るい流れ星は14日に多い傾向があります。
・場所
出来るだけ街明かりが少ない場所で観察しましょう。とはいっても今年のふたご座流星群は平日ですので、遠くに星を見に行くのは難しいですね。自宅近くの外灯が少ない場所を探してみてください。
・数
今年は月明かりもないため、流星群を見るのには最高の条件です。数の予想は難しいですが、星がきれいに見られる場所では1時間に20~30個程度の流れ星が見られるでしょう。街明かりがある場所では、1時間に3~10個程度でしょう。流星群といっても流れる数は数分に1個ぐらいのペースですが、普段よりは断然見られるチャンスが多いです。好きな音楽でも聴きながらゆったりと待つのもいいですね。
・見方
午後8 時や9 時頃、ふたご座は東の方角にいます。流れ星はふたご座を中心に四方八方流れます。
どの方角に流れるかは分かりませんので、ふたご座の場所はあまり気にしなくて大丈夫です。シートなどに寝転がって空全体を見回すのがいいでしょう。
流れ星の観察には双眼鏡や望遠鏡は必要ありません。とても手軽に観察できる天文現象です。冬はとても寒いので防寒対策をしっかりしてください。流れ星の観察は我慢比べや修行ではありませんので、寒さが辛くなったら無理しないで下さい。
流れ星は、宇宙にあるチリが地球の空気とぶつかって光るものです。地上から約100km 上空で起きているので、それほど遠くで起きている現象ではありません。このチリは彗星が太陽に近づいたときに撒き散らしたものです。流れ星は「星のカケラの最後の輝き」とも言えそうですね。

昔は流れ星を「天に住んでいる神様が地上をのぞいている隙間」と考えた文化もありました。そのため「流れ星が流れたら、願い事を3回唱えると叶う」という言い伝えが生まれました。流れ星が消えるまでに3 回願いを唱えるのはさすがに大変ですよね。なので流れ星が流れたら、そっと心の中で今の自分の願いを思い浮かべてみてください。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈佐渡島庸平〉〜信用を可視化する方法〜インタビュー「宇宙とお金」[第3回]

〈佐渡島庸平〉〜信用を可視化する方法〜インタビュー「宇宙とお金」[第3回]

佐渡島庸平さんに聞く「宇宙とお金」インタビュー最終回です。
〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

〈佐渡島庸平〉〜宇宙に遊びが生まれ、遊びが信用を生む可能性〜「宇宙とお金」インタビュー[第2回]

「宇宙とお⾦」をテーマに、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺う第2弾です。
〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

〈佐渡島庸平〉〜「ワクワクする」を起点に企画する〜「宇宙とお金」インタビュー[第1回]

「宇宙とお⾦」というテーマで、株式会社コルク代表の佐渡島庸平さんにお話を伺いました。
「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座