2019年6月25日 更新

要注意!上司との関係が悪化しやすい人にある6つの特徴

職場では、仕事の遂行とともに人間関係もうまく構築していく必要があります。一方で、トラブルが起こることもしばしばあるでしょう。この記事では、上司と関係性にスポットを当てて、何かと関係悪化・トラブルが発生しやすい人の特徴・パターンについて紹介します。

Woman Smiley Emoticon - Free image on Pixabay (40728)

2019.6.25

なぜかいつもトラブルが多い人、いませんか? どんな職場でも大なり小なりトラブルはあるもの。しかし、発生しやすいパターンやその人の特徴があるのかもしれません。どんな特徴・パターンなのか、考えていきましょう。

上司の陰口をたたく人

gettyimages (40723)


上司・部下のそれぞれに不満はつきもの。お互いにどこかで陰口をたたき、ストレス発散していることもあるでしょう。しかし、陰口もほどほどにしておくこと。特に同僚など、会社関係者へ上司の陰口をたたけば、いつか上司の耳へ入る可能性もゼロではありません。

本人の口から直接ではなく、第三者から聞く自分の悪口は、相手の気持ちを逆なですることでしょう。相手の心を傷つけるようなことはやめること。また、上司に対して他人の悪口も言うのも避けたいです。「いつも悪口ばかり、自分のことも言っているだろうな」と思われてしまいます。

無責任な行動が目につく人

gettyimages (40722)


たとえば無断での遅刻や欠勤など、いち社会人としてあるまじき行為は上司の怒りを買うことでしょう。直前の連絡でも嫌がる人がいるのに、何も連絡をせずに決められた時間に出社しないのは、他部署に対しても恥ずべき行為です。

一度でも無断でそのようなことがあれば信頼が損なわれるのに、たびたび無責任な行動をとるようであれば、上司もあなたに信頼を置くことはありません。仕事においても重要なポジションを任せてもらえず、関係も悪化の一途をたどってしまいます。

異常なほどゴマすりをし過ぎる人

gettyimages (40724)


上司に対していつもいいことばかり言って都合のいい人、ゴマすりばかりしている人も要注意です。上司はあなたに対し、ある種の要注意人物と捉えている可能性もあります。「自分より立場が上の人にはいつもこうなのか」「いつもゴマすりばかりで馬鹿にしているのか」と感じる上司もいるかもしれません。

たまに上司の考えに敬意を示したり、上司の意見を取り入れて仕事に邁進したりするのはいいことです。必要なときに上司を立てるくらいの気持ちで対応してみましょう。

嘘をつくなど不誠実な人

gettyimages (40725)


たとえばトラブルが発生した場合、怒られたくがないために隠ぺいしてしまう・嘘をついてしまう人がいるかもしれません。ほんの些細なことであっても、必ず誠実な行動を心がけることです。

その場ではうまく言いつくろっても、近いうちにそれがバレてしまう……なんてことも少なくありません。一度「嘘をつく人」というレッテルが張られると、その先いつでも「嘘つき」と疑われてしまうかも。

多くの企業では「透明性」「クリーン」を社風のひとつとして、重要だと捉えているケースも多いです。コンプライアンスを重視する昨今であるからこそ、いつでも誠実な対応が大切であり、上司もそれを望んでいることでしょう。

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

一日二日では終わらない仕事。たとえば、原稿を締め切りまでに仕上げるといった中長期の仕事を管理するツールで思い浮かぶのは、カレンダーという人が多いのではないでしょうか。 今回は、タスク管理ツールでは珍しい、カレンダー表示機能のタスク管理ツール「Asana(アサナ)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音