2019年3月11日 更新

【論語】知的な人の立ち居振る舞いとは

ビジネスシーンで求められる知的な立ち居振る舞いとはどんなものでしょうか。孔子は己の人格向上を掲げ、弟子の育成に励みました。孔子の論語から、知的な人の立ち振舞いや、学びの姿勢を見てみましょう。

gettyimages (32358)

2019.3.1

知的な人は、人の行いのすべてを学びに変える

Book Bezel Read - Free photo on Pixabay (32076)

我れ三人行えば必ず我が師を得。その善き者を択びてこれに従う。その善からざるものにしてこれをあらたむ。(述而第七)
私は三人で行動をともにしたら必ず自分にとっての師を見つける。良い人からはその良いところを見習い、悪いものについては自分がそうならないように反省して直す。私以外はみな先生である。
学びというと堅苦しくなりますが、すべての事象から何かしらの情報を学び取ろうとする人は、物事への観察力、洞察力に優れ、どのような分野においても大きな強みとなります。
自分にとって良い人であれば、その人の良い部分を吸収し自身の向上に役立てられます。一方、自分にとって合わない人や嫌な人がいたとしても、自身が同じことをしないように学ぶことができます。
そういう意味では、どのような人であっても、よい師範となりえることを孔子は説いているのです。

知的な人は、人の本質を見抜く

gettyimages (32373)

子曰く、其の以(もち)いる所を視(み)、その由(よ)る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉(いずく)んぞかくさんや、人焉んぞかくさんや。(為政第二)
孔子先生がおっしゃるには、「その人の行動を観察すること。またその人の行動のみでななく、行動の動機を観察すること。またその人の動機のみではなく、目的となるところを観察すれば、その人物が全てわかるというものだ。隠せるものか、隠せるものか。
ビジネスにおいても、日常においても、人の本質を見抜くことは大切です。しかし、人から聞いた噂や印象はもちろんのことですが、実際に会ったとしても、その人の良し悪しがすぐにわかるわけではありません。
かつて近代日本における資本主義の父とよばれた渋沢栄一は、人を見極めるにあたりこの孔子の教えを実践しました。
人物の良し悪しを判断するには、その人の外見に表れた行動の善悪や正邪を観察し、その動機を観察すること。
さらに、その人が何に安心し、どのあたりに満足して暮らしているのかを観察すること。そうすればその人の嘘偽りない性質が明らかになると述べています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「できた。」のつぶやきを増やせば未来を変えられる。

「できた。」のつぶやきを増やせば未来を変えられる。

「よし!できた。」とパソンコの前で小さく呟きパソンコを閉じる。事務処理が本当に苦手で、経理や提出書類の作成が終わると、ほっとします。
おとな女性の「女カースト」実像と虚像

おとな女性の「女カースト」実像と虚像

遠い昔に授業で習った「カースト」。その言葉を再び聞いたのは、同僚の娘さんが通う女子高での話。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です
花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

花の都パリで桜を楽しむ 春におすすめの観光スポット5選

フランスのパリで桜が見れることを知っていますか?パリの桜の見頃は、日本に比べて少し遅い4月の中旬頃だとか。今年の春は、パリで世界遺産と春の風景を満喫してみませんか。そんなパリの春を楽しめるおすすめスポット5つを春の風景写真と共にご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ