2017年12月4日 更新

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。

 (6709)

2017.12.4
今回はワーキングホリデーの受け入れ国として、オーストラリアの特徴や手続き方法をお伝えします。

オーストラリアのワーキングホリデーでは何ができるの?

ワーキングホリデーは普通は12カ月ですが、1回更新することができるので、最長で24カ月滞在することができます。18歳から30歳(オーストラリアでは現在35歳までの延長を検討しています)までの、人生で一番輝くステージに異文化が体験できるワーキングホリデー。この素晴らしい選択肢を見逃すのはもったいないと思いませんか。
では、ワーキングホリデーではどんなことができるのでしょうか。
 (6715)

 (6716)

まず、語学留学です。ワーキングホリデーで海外に渡った人が一番やりたいなと思っているのが語学留学なのだそうです。
次に、学んだ英語を活かして仕事をしたり、観光したり、資格を取ったりすることができます。具体的には、国土が日本の20倍と広いオーストラリアを一周旅してまわったり、原住民アボリジニの文化に触れたり、多文化主義で移民している多数の民族の文化を体験したり、美しい海岸でマリンスポーツを楽しんだりとユニークな体験が可能です。

世界共通語の「英語」をブラッシュアップ

英語は今では世界の共通語になっていますが、オーストラリアでは英語が国語になっています。ですから語学学校で学ぶのはもちろんのこと、日常の生活でも英語の世界に浸ることができるんです。英語をブラッシュアップするには最高の環境です。
 (6720)

教育は今、オーストラリア政府が一番力を入れている分野で、そのフォーカスはオーストラリア人だけでなく海外から来る学生に向けても同じです。
オーストラリアの主要都市には語学学校がたくさんあって、自分のレベルや条件に合った学校を選ぶことができます。また、各語学学校には日本人スタッフもいるので、生活面でのサポートも整っています。語学学校が終わった後は、別の資格を取るために進学することも可能です。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「価格の決定力がブランドの力を決める」第12章[第24話]

「価格の決定力がブランドの力を決める」第12章[第24話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

情熱の国・スペインの中でも観光都市として人気のバルセロナ。バルセロナは「古さと新しさ」を持ち合わせ、文化を発信し続けるエネルギーに溢れたヨーロッパの中でも魅力の高い都市といっても過言ではありません。
旅する起業家は成功するのか? ビジネスに役立つ「旅の報酬」!

旅する起業家は成功するのか? ビジネスに役立つ「旅の報酬」!

みなさんは「旅」に何を求めていますか? 癒しや美食、仲間や家族と絆を深める、知的好奇心の刺激や偶然の出会いを求める人など、それぞれ求めるものがあると思います。しかし「旅はビジネスにも役立つ」と聞いたらどう思うでしょうか?仕事から離れたくて旅をしている人にはちょっと申し訳ありませんが、スティーブ・ジョブズもマーク・ザッカーバーグも、世界を旅することでビジネスの明確なビジョンを見つけることができたと何度も発言しているのです。
1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

1本100万円のワインはなぜ生まれるのか

かの有名なロマネ・コンティが100万円のワインであるということは誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。では、ロマネ・コンティをはじめとした超がつく高級ワインはどんな富裕層が購入しているのでしょうか。
「星のソムリエ」に学ぶ、星空を嗜みこころをリセットする方法

「星のソムリエ」に学ぶ、星空を嗜みこころをリセットする方法

小さい頃、天体望遠鏡で月を覗いた経験はありますか? 暗闇の中にぽっかり浮かぶお月様。遠く離れた宇宙空間にあるモノを、レンズを通して自分の目の前でじっくり見る。もしかすると、はじめて宇宙をリアルに感じる瞬間かもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座