2017年12月4日 更新

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。

仕事を通して活きたオーストラリア文化に触れよう

 (6723)

ワーキングホリデー中にできるもう一つのことは働くことです。普通は一人の雇用主の下で6カ月まで、特別の許可が下りた場合は12カ月まで働くことができます。
オーストラリアでワーキングホリデー中の人がよくする仕事は、レストラン、ホテル、農場、小売店などでの仕事です。もちろん英語のレベルにより、もっとスキルを必要とする仕事をみつけることもできます。
 (6726)

報酬が生じる仕事とは別にボランティアの仕事もあるんですよ。今人気があるのは「日本語教師アシスタント」。オーストラリアでは小学校やハイスクールで日本語を教えているところが多いので、実際のクラスに入って日本語教師のアシスタントをしながら授業のサポートをします。日本語教師アシスタントでは、日本語という強みを活かしながらオーストラリアの文化に触れることができるので魅力的で人気があるのです。

ワーキングホリデービザはどうすれば取れる?

オーストラリアのワーキングホリデービはサブクラス417と呼ばれています。ビザ申請代行会社に頼むのが一番簡単ですが、オーストラリア移民局のサイトからも申請できます。オーストラリア移民局のサイトから申請するには、まず「登録サイト」に行き、詳細を入力してアカウントを作成します。アカウントができたら、「ログインサイト」で申請手続きを始めることができます。
 (6730)

オーストラリアのワーキングホリデーを初めて申請するときは、オーストラリア国外にいることが必要ですが、更新のために2回目の申請をしたいときは、オーストラリア国内外のどちらにいるかによって、ビザ有効期間が違ってくるので注意が必要です。
オーストラリアのワーキングホリデーについての詳しい説明は「在日オーストラリア大使館のサイト」で詳しく説明しています。

オーストラリアでのワーキングホリデーに必要な費用

最後に、ワーキングホリデーに掛かる費用ですが、滞在するためには最低でもAU$5,000の資金を持っていることが義務付けられています。
ビザの準備から渡航、滞在に掛かる経費を以下の表にまとめてみました。滞在する都市や渡航時期、また留学する学校などにより変わるため大体の目安としてください。
必要費用一覧
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。
オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアの東海岸のシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストには一般的な英語の学習に、日本の小学校の英語指導者の資格の取れるコースを組み合わせたユニークな学校があります。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
2018年経済の潜在リスク

2018年経済の潜在リスク

2018年がスタートして半月ほど経過しました。年末から年始にかけて2018年の色々な予測を見かけた方も多いのではないかと思います。先行きを予測するには、「潜在リスクを事前に把握しておき、その芽を逃さない」ことが大切です。今回は、私が選ぶ2018年の潜在リスクをピップアップしお伝えします。
「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

「これ以上にないくらい最高のスタートだった」第14章[第27話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座