2019年7月10日 更新

お金持ちが家のインテリアに求めること|家具の選び方の特徴は

テレビや雑誌でお金持ちのお宅訪問の特集を見たことはありませんか。 たいてい、物が少なくて上質な家具が置かれてあり、広々とした空間が広がっていますよね。今回は、お金持ちがどのような基準でインテリアを決めているのかについて解説します。

2019.7.10

お金持ちが部屋のインテリアに求めるのは居心地の良さ

お金持ちにとって、自宅とは食事をしたり寝たりするだけの空間ではなく、日頃の疲れを癒してくれる大切な場所です。そのため、お金持ちはインテリアに居心地の良さを求めています。

しっかり休める気持ち良い空間

ゆったり座れる椅子や広々とした空間は、心と体に安らぎを与えてくれます。硬い椅子より手触りが良くてクッション性のある椅子のほうが疲れが取れ、清潔な空間は見ているだけで気持ちが良いものです。
例えば、タレントの石田純一・東尾理子夫妻は、以前テレビ番組で推定3億円の自宅を公開していましたが、広々とした空間にソファやマッサージチェアなどこだわりの家具を置いていました。床に物を置きっぱなしにすることなく、リビングやキッチン、ベランダはきれいに片づけられています。(※1)

整理整頓して時間短縮

物が散らかっていて、どこに置いたか分からない状態にしていると、必要なときに探す手間と時間がかかってしまいます。お金持ちはお金だけではなく自分の時間も大切にしているので、無駄な時間はお金の浪費と同じくらい嫌います。日頃から整理整頓をして、物をさがさなくてもいいよう時間短縮しているのです。

アイディアが生まれやすい空間

クリエイティブな仕事をしている人にとって、アイディアは仕事を進めるうえでとても重要です。職場だけではなく自宅でもアイディアを常に考えているため、アイディアが生まれやすいよう空間づくりにもこだわりがあります。
例えば、お金持ちの家は天井が高い家が多いですよね。ミネソタ大学が行ったある実験によると、天井の高い部屋にいた人たちはより自由なアイディアが生まれたのに対し、天井の低い部屋にいた人たちは思考が制限されたそうです(※2)。つまり、天井の高さはアイディアの生まれやすさに比例します。お金持ちは無意識のうちに狭い空間よりも広い空間を好み、アイディアが生まれやすい空間に整えているのです。

お金持ちは家や家具を大切に扱う

47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?
Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookは6月18日、独自の仮想通貨「Libra」を2020年に発行する予定だと発表しましたが、その後世界中からの注目と共に、懸念や批判など厳しい声が相次いでいます。 さて、今後Libraはどう展開していくのでしょうか?
お金 |
特技や経験がお金に!人気スキルシェアサービスの比較と注意点

特技や経験がお金に!人気スキルシェアサービスの比較と注意点

使っていないモノや場所、お金などを個人間で共有(シェア)する経済のかたち「シェアリングエコノミー」。 シェアできるものは、空き部屋や駐車場など有形のものばかりではありません。 個人が持っているスキルをシェアすることを特に「スキルシェア」と言います。
お金 |
弁護士に聞いてみた「お金を使えば使うほど入ってくる」は本当?

弁護士に聞いてみた「お金を使えば使うほど入ってくる」は本当?

お金については、色々なことが言われている。その中には、真逆のことまで言われている。これらお金についての話は現実にどう考えるべきなのか。お金を持っている人たちを多数見てきた弁護士の意見を聞いてみた。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部