2018年6月23日 更新

日本はインフレにできないって本当?『MONEY』の本質に学ぶ!

今回、私が手にした本は『MONEY ~もう一度学ぶお金のしくみ~』。アメリカの有名大学で教鞭をとる経済学者チャールズ・ウィーラン氏の著書です。これまで全米ベストセラーとなった『統計学をまる裸にする』『経済学をまる裸にする』などを上梓されているそうですが、私はこれが初めての本でした。

gettyimages (16730)

2018.6.23
およそ400ページに渡りお金のしくみを解説するという正直ちょっと難しそうな本でしたが、注目した理由はこれまで本質を理解していなかったインフレ・デフレについて学べそうだったこと。さらに海外の経済人から見た「日本のバブル崩壊」、そして「アベノミクス」の評価にかなりのページが割かれていた点。第三者の中立的立場からの指摘を読んでみたかったからです。
「アベノミクス3本の矢」は正しい方向に放たれているのか?日本がインフレになりにくい特殊な事情など、日本経済を学べるのはもちろん、そもそもお金とは何なのか?さらに、アメリカで起きたリーマンショックやビットコインの登場が世界経済に与える影響まで、幅広い知識を得ることが出来そうです。

お金の役割は3つ!これが揃えば○○もお金に!

gettyimages (16733)

世界の国々が独自に発行している「お金」。この「紙切れ」を価値ある物と交換するためには、3つの役割を果たす必要があります。1つは価値の物差しとなる「会計単位」としての役割。2つ目は「価値貯蔵手段」としての役割。支払いを受け入れたら、その購買力を後で用いることができなければなりません。そして最後が「交換手段」として使えること。
逆を言えばこれらの条件を満たし、かつ利用者が信用している物ならば紙幣や硬貨の代わりになることもできます。例えば、アメリカの刑務所では囚人たちは現金の所有が認められていませんが、なんと売店の「サバ缶」をお金として使用しているのだとか!サバ缶はおよそ1ドルで売られているためドル計算がしやすく、保存がきいて持ち運びがしやすい。上記の3つの役割を果たしているからこそ囚人が安心して取引きに使えるわけです。

その他、アフリカではプリペイド式携帯電話の「残りの通話時間データ」をお金代わりにすることもあるのだそうです。お金そのものに価値が内在する訳ではないのに取引きが成り立っているのは本当に面白いですね。
さて、お金の本質に触れたところで、インフレについての興味深いお話です。

お金のイリュージョン?インフレが引き起こす「貨幣の錯覚」

gettyimages (16740)

「インフレは、生産に比べてお金の量が目に見えて急激に増加した時に生じるもので、生産単位当たりのお金の増加が急激であるほど、インフレ率は大きい。」これは1976年にノーベル経済学賞を獲得したフリードマン氏の言葉。物価が上昇して同じ貨幣で買えるものが少なくなる=貨幣の価値が下がるというのがその仕組みです。

そして著者は、インフレを考慮した調整をしていない「名目」値と、考慮した「実質」値なるものがあることをハリウッド映画の興行収入ランキングを使って解説します。ハリウッドが発表している興行収入の上位5位を占める映画は
・スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)
・アバター(2009)
・タイタニック(1997)
・ジュラシック・ワールド(2015)
・アベンジャーズ(2012)
しかし、このランキングには「からくり」があり、それは映画チケットの価格上昇を考慮していない「名目」値だという点。例えば1939年に『風と共に去りぬ』が大ヒットした時、映画チケットは50セント。当時1億ドルの興行収入をあげるのは、2015年に1億ドルの興行収入をあげるよりもはるかに難しいことでしたが、この点が考慮されていないのです。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション界で「アフリカ」の存在感が増し、富裕層向けラグジュアリー・ファッションでもアフリカンテイストが浸透しています。アフリカ発の優れたデザインもさることながら、ファッションの巨大市場に成長する可能性も、その背景にあります。
経済 |
今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

私は「消費増税の時期は、その時の世界経済の状況や国内の所得環境によって決めるべきだ」という考えを持っています。そういった意味では、増税の景気に与える悪影響がいつも過大に喧伝されていることはおかしいと思っております。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部