2019年9月30日 更新

その疲れ「秋バテ」かも?不調の原因や、すぐできる対策方法を解説

涼しくなる秋は過ごしやすい季節です。しかし、夏の生活習慣次第では、だるくなったり気分が沈んだりする「秋バテ」の症状があらわれてしまいます。そこで今回は、 秋バテの原因や予防する方法、おすすめの秋バテ対策について解説していきます。

本格的な夏が終わっても夏バテが続いていたり、新たにだるさや気分の落ち込みが発生したりした場合は、しっかり対策を行いましょう。ポイントは血流改善による自律神経の正常化です。
秋バテ解消のための土台になる睡眠の対策を行いましょう。良質な睡眠をとることで、ストレス解消の他、自律神経を正常にしてくれます。睡眠時の室温を快適な温度に設定する、リラックスできる音楽をかけたりアロマを焚いたりする、寝る直前のパソコンやスマホ操作を行わないなどの方法があります。
運動を続けることも大切です。秋は過ごしやすい気温になっているため、できるだけ屋外で運動するようにしましょう。速めのウォーキングや、遅いペースで一定のリズムで行うジョギングがおすすめです。ストレッチや運動後の半身浴などもよいでしょう。体全体に血液を行き渡らせて疲労回復や細胞の活性化に効果的な他、気分転換によるストレス軽減にもつながります。また、夏の間に糖質の多い清涼飲料水のとりすぎなどで体重が増えてしまったケースもあるかもしれません。肥満による代謝や血流の悪化は自律神経の乱れを引き起こすため、秋バテを悪化させる恐れがあります。そのため、快適に運動できる時期に体脂肪を減らすとよいでしょう。
食事では、冷たいものをできるだけとらないだけでなく、温かいものを多くとるようにしましょう。食事そのものを温かくすることはもちろん、体温を上げる効果のある食材を使うこともおすすめです。たとえば、ショウガや玉ねぎ、ゴボウなどの根菜類には体を温める働きがあるため、積極的に食べるようにしましょう。また、ビタミンが豊富な食材を使うことも、ストレス解消や疲労回復に効果的です。栗やサツマイモなど、秋ならではの食材にはビタミン類が豊富に含まれています。また、旬の食材のため、食欲がない時でもおいしく食べられるでしょう。

まとめ

秋になっても夏バテの症状が続けていることで悩んでいる人は少なくありません。秋バテが起きやすい場合は、予防からしっかり行っていきましょう。特に、運動は自律神経を整える大きなサポートになるため、秋バテ対策にたいへんおすすめです。1日10分でもよいので、今から入浴前などに運動する習慣をつけておきましょう。睡眠や食事なども含め規則正しい生活を送れば、秋バテの症状を軽くするだけでなく、心身の活力をアップさせることができます。
フィガロ

フィガロ

パーソナルトレーナー&コーチャー歴14年。生き方が多様化する現代だからこそ、一人ひとりに合ったパーソナルケアが重要です。心と体を連動させて活力のある毎日を送りましょう!!
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

筋肉量を増やすための食事・栄養のとり方で効果的にボディメイク!

筋肉量を増やすための食事・栄養のとり方で効果的にボディメイク!

たくましい肉体を作ることはもちろん、ダイエットのためにも筋肉量の増加は重要です。しかし、栄養のとり方を誤ってしまうと、筋肉はスムーズに大きくできません。そこで今回は、筋肉量を増やすための栄養の摂取方法について解説していきます。
ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

ふくらはぎのラインを綺麗に!むくみや筋肉太りを解消する方法

「むくみや脂肪で太い」「筋肉でボコボコしている」そんなふくらはぎの悩みを抱えている人は少なくありません。筋トレで対策をしても逆効果になることも。そこで今回は、ふくらはぎが太くなる原因やラインをキレイにする方法について解説していきます。
背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中のぜい肉はなぜつくの?脂肪を落とすおすすめの方法を解説

背中の脂肪やたるみで悩んでいる人は少なくありません。背中は自分では確認しにくいため、知らないうちに理想とはかけ離れた後ろ姿になっていることもあります。今回は、 背中にぜい肉がつく原因や脂肪を落とすトレーニング法などについて解説していきます。
脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

脚のむくみの原因は?トレーニングとストレッチのおすすめ解消法

長時間の立ち仕事やデスクワークを行っていると、夕方には脚がパンパンにむくんでしまうことがあります。しかし、間違ったケアではむくみ依存体質になることも。そこで今回は、脚のむくみ解消におすすめのトレーニングとストレッチについて解説していきます。
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座