2019年4月25日 更新

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。

2019.4.25

最新の日本ロボット事情! 宅配や接客で期待されるロボットたち

gettyimages (37200)

ロボットと聞くと、近年はもっぱらAIが頭に浮かびます。音声アシスタントの他、家電やアプリに搭載されたAIをイメージする人も多いでしょう。しかし、最近活躍し始めたAIは体を持っています。体は人型の場合もあれば、目的に合った効率的に働ける形状の場合もあります。
たとえば、2019年1月下旬のZMPによる慶応大学藤沢キャンパス内でのロボット(CarriRo Deli)による無人配送実験。CarriRoは、商品配達用に小さなワゴン車のような体を持っています。正面、左右、後方にカメラが配置され、周囲の状況を感知するセンサーもついています。時速6kmで走りながら、障害物があると自律的に対応。人とすれ違う際は、正面についた2つの目で表情を変化させて音声で挨拶します。
3月16日から始まった京王電鉄によるロボット駅員の試験運用では、「窓口案内ロボ」が井の頭線下北沢駅中央改札口で乗客に各種情報を提供。身長は30cmほど、頭と胴体から成る体を持っています。音声と画面表示に加えて、相手の言葉にうなずいたり、案内の際に体を回転させて方向を指示したりすることで、より円滑な対話が可能になっています。

東京オリパラでも注目されるトヨタとパナソニックのロボット

gettyimages (37206)

東京オリパラの組織委員会も、「東京2020ロボットプロジェクト」を発表。その第一弾として紹介されたのが、トヨタが開発する支援ロボットとパナソニックが開発するパワーアシストスーツです。
トヨタの支援ロボットは2種類あり、1つは生活支援ロボット「HSR」、もう1つはデリバリーサポートロボット「DSR」。どちらも体を持っています。HSRは身長100cm〜135cmで、長さ60cmの腕を1本持ち、脚部は直径43cmの全方位台車。頭部にはディスプレイとカメラ、センサーが配置され、さまざまな働きができる腕やセンサー付きの台車と連携してスムーズに移動し、ユーザーの要望に応えます。大会中は車椅子席の方をサポートするのが任務。物を持ってきてくれる、落とした物を拾ってくれるなど、体があるからこそできる働きをしてくれます。一方、DSRの任務は、車椅子席の方に飲食物を運ぶこと。DSRが観客の近くまで飲食物を運び、それをHRSが取って手渡すという連係プレーが見られるそうです。
パナソニックのパワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」は、人間の肩から太もも部分に装着する「着るロボット」です。大会運営の際、重い荷物の運搬も多い現場などで活躍予定。人間が屈んで物を持ち上げ、運んで荷物を下ろすという動作をするとき、ATOUN3つのモードを自動で切り替えながら、自身の体で人間の腰の曲げ伸ばしや歩行をアシストしてくれます。

ロボットを分身に? 重度障がい者が接客する「分身ロボットカフェ "DOWN"」とは

gettyimages (37209)

体を持つAIを人間の分身として用いる試みもあります。話題を呼んだのは、重度障がい者たちが接客を行うカフェ。2018年11月および12月に期間限定オープンした「分身ロボットカフェ “DAWN”」です。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

SDGs(持続可能な開発目標)が話題になっています。SDGsとは、2030年までに達成すべきとされる世界共通の目標のこと。自治体や企業の活動だけでなく、私たちの休暇の過ごし方にも関わっています。レジャーとSDGsはどのような関係にあるのでしょうか。
ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集食品がそろそろ私たちの手元に届くかもしれません。近年では人間に対するゲノム編集も問題となりました。ゲノム編集とは何なのか、どんな規制があるのか、倫理的問題とは何か。かつてSFだった世界に、私たちは向き合わなければなりません。
完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。
風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とは、風評が世間に広まり経済的被害が出ること。近年の福島県の例などから、被害拡大プロセスや対策が検討されてきました。拡大の主な原因はメディア報道。ネットも無視できません。風評被害対策をするなら「カイシャの病院」に看てもらうのも一つの手です。
第一印象をおろそかにしない! 世界基準の「見た目」とは

第一印象をおろそかにしない! 世界基準の「見た目」とは

他人を見た目で判断してはいけないと教えられた人は多いでしょう。しかし実際には、第一印象が重視されることが分かっています。活躍する人々は、見た目をおろそかにしません。世界基準の見た目を手に入れるには、匂いへの配慮やボディランゲージも重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部