2018年10月27日 更新

断捨離をして手に入れる心地よい暮らし

幸せ自作人こと島津信枝です。先日断捨離を実行している友人宅にお邪魔したところあまりにも心地よく暮らしているので感動しました。その人は特に台所周りをすっきりとするため、食器棚は持たずに流し台と一体化した引き出し収納に入る範囲の食器のみで生活していました。

その人は特に台所周りをすっきりとするため、食器棚は持たずに流し台と一体化した引き出し収納に入る範囲の食器のみで生活していました。

私も雑誌などで食器棚を持たない人の記事は何度か目にしていましたが、実際に目の当たりにすると私もマネをしたくなるほど心地よいものでした。

その人も以前は食器棚を持ち食器も多かったそうです。しかし新しい家への引っ越しを契機に考え方を変えたとのことです。

食器を少なくすると管理も楽ですし、意外にも生活上の不便はないと言っていました。

好きな食器だけを毎日愛情をこめて使うというのは精神的にも良さそうです。

食事も美味しく食べられることでしょう。また後片付けも簡単で家事作業のストレスも軽くなります。

断捨離には気力と体力が必要

シニアの場合は、家具や食器だけでなく、徐々に人生の断捨離を進めることもあるかと思います。

断捨離には気力、体力が必要なので早めにスタートした方がよいかもしれません。

記憶もだんだんあやしくなりますから何が何処にあるか一目で分かるように中に入っている品物の名前を書いたシールを引き出しに貼っておくなどの簡単な工夫も役立つと思います。

物忘れが進んだ時に助かりますし、万が一自分が亡くなったときにも外から分かるようになっていれば残された家族も助かるでしょう。

また、いざ住居の引っ越しになってもあわてないで済みます。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

注意点とポイント

まだまだ老後の断捨離を考えるのは早すぎると思うかもしれませんが、時は意外と早く経つものですから早めに開始して悪いということはないと思います。

ただし勢い込んで不要品の処分をはじめたのはよいが、貴重な書類を間違って処分してしまったなどという話も聞きますので、注意しましょう。

また、形見分けと言っては早すぎるかもしれませんが、自分の持ち物の中から役に立ちそうなものを子供達や知人にプレゼントするのも断捨離を行う一つの良い方法と思います。

計画的に自分なりのルールを作って一歩ずつ前に進めることが大切です。

断捨離は現在の生活を心地良くし、また老後の生活も過ごし易くしてくれる一石二鳥の作業です。

まずは第一歩を踏み出すことが大事だと思います。

では 今日はこの辺で。

【前回の記事はこちら】
カタカナ言葉を減らして美しい日本語を使おう
50代、意外と短い子供達と一緒に過ごす残りの時間
SNSの普及による海外との繋がり

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日々をルーティーン化して超シンプルに暮らす4つのメリット

日々をルーティーン化して超シンプルに暮らす4つのメリット

日々の生活が複雑すぎて、ストレスを感じている方は多いのではないでしょうか? それってもしかしたら、自分自身で暮らしを複雑にしてしまっているかもしれません。
これで持たない暮らしを実現する!バックパッカーの10の荷物リスト

これで持たない暮らしを実現する!バックパッカーの10の荷物リスト

物に囲まれた生活をしていて、息苦しさ、後悔をしている方は多いかと思います。 そんな方にオススメなのが『 バックパッカーの荷物を参考にしてみる 』 バックパッカーはバックパックに収まる物量しか持ち歩けないので 必要な物と必要ない物の厳選が神レベルです。
美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

こんにちは。 美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも体験してみてください。「ひとり研修」第3回目は、「音」にまつわるお話です。
富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

一見して分かる派手な成金と違い、本物のお金持ちは何事も控えめだといわれます。たしかに私が親しくしている富裕層たちの見た目やライフスタイルは、拍子抜けするほど控えめです。しかし、なぜか3つの特徴だけは共通しています。
長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

長期休暇は仕事が心配?それならマイクロ・バケーションでリフレッシュ!

日本で長期休暇をとろうとすると、メール処理や職場での印象といった心配がつきまといます。そこでおすすめなのがマイクロ・バケーション。数時間〜3日程度の休みをバケーションにするのです。たとえばひとりキャンプや都心でサーフィンはいかがでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部