2018年7月26日 更新

リーダーシップをもつ子に育てる「アクティブラーニング」を家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、生徒自らが能動的に学ぶことであり、教育現場では、学習者が能動的に学べるような授業を行ったり課題に取り組んだりすることを言います。典型的には、グループ・ディスカッションや体験学習、夏休みの自由研究などです。

thinkstock (13555)

2018.4.23

学校でアクティブ・ラーニングがはじまった

thinkstock (13583)

人生における主体的な学習姿勢と問題解決力を育てるとして注目されてきたアクティブ・ラーニング。1980年代~1990年代のアメリカで高等教育を中心に導入されました。ただ座って聞いている受動的学習よりも学習内容の定着率が良く、思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性も育つと言われています
近年、日本で注目されるようになったのは、2012年8月の文科省中央教育審議会の答申で示された「教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって(中略)知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換」。2017年3月公示の学習指導要領には「主体的・対話的で深い学び」という表現で記されています。
では、学校と共に子どもの教育を担う家庭では、どのようなアクティブ・ラーニングが可能なのでしょうか。

それはアクティブ・ラーニングじゃないかも

thinkstock (13570)

家庭でのやり方を見る前に、少し先回りしてアクティブ・ラーニングに多い勘違いを見ておきましょう。
もし以下に挙げるようなことをしていたら、子どもは言われたことをやるだけの受動的学習になってしまっているかも。あるいは逆に、もっとアクティブ・ラーニングができるのにその芽を摘んでしまっているかもしれません。
• とりあえず「もっと自分から勉強しなさい」と言っている。
• アクティブ・ラーニングをするには、パソコンやタブレット、インターネットが必要だと考えている。
• 最後は親が正解を教えている。
アクティブ・ラーニングで重要なのは、子どもの主体性です。親が激励しても良い道具を使っても、子どもが言われたことを黙々とやっているだけならアクティブ・ラーニングにはなりません。
親の役目はあくまで子どもが日常生活の中で課題に気づき、情報を集め、分析ができるように助けること。子どもが「どのくらい考え、その考えを伝えられたか」で評価する視点を忘れないようにしましょう。ITツールに頼らずとも、実践できることがたくさんあります。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部