2018年7月26日 更新

リーダーシップをもつ子に育てる「アクティブラーニング」を家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、生徒自らが能動的に学ぶことであり、教育現場では、学習者が能動的に学べるような授業を行ったり課題に取り組んだりすることを言います。典型的には、グループ・ディスカッションや体験学習、夏休みの自由研究などです。

thinkstock (13555)

2018.4.23

学校でアクティブ・ラーニングがはじまった

thinkstock (13583)

人生における主体的な学習姿勢と問題解決力を育てるとして注目されてきたアクティブ・ラーニング。1980年代~1990年代のアメリカで高等教育を中心に導入されました。ただ座って聞いている受動的学習よりも学習内容の定着率が良く、思考力・判断力・表現力・主体性・多様性・協働性も育つと言われています
近年、日本で注目されるようになったのは、2012年8月の文科省中央教育審議会の答申で示された「教員と学生が意思疎通を図りつつ、一緒になって(中略)知的に成長する場を創り、学生が主体的に問題を発見し解を見いだしていく能動的学修(アクティブ・ラーニング)への転換」。2017年3月公示の学習指導要領には「主体的・対話的で深い学び」という表現で記されています。
では、学校と共に子どもの教育を担う家庭では、どのようなアクティブ・ラーニングが可能なのでしょうか。

それはアクティブ・ラーニングじゃないかも

thinkstock (13570)

家庭でのやり方を見る前に、少し先回りしてアクティブ・ラーニングに多い勘違いを見ておきましょう。
もし以下に挙げるようなことをしていたら、子どもは言われたことをやるだけの受動的学習になってしまっているかも。あるいは逆に、もっとアクティブ・ラーニングができるのにその芽を摘んでしまっているかもしれません。
• とりあえず「もっと自分から勉強しなさい」と言っている。
• アクティブ・ラーニングをするには、パソコンやタブレット、インターネットが必要だと考えている。
• 最後は親が正解を教えている。
アクティブ・ラーニングで重要なのは、子どもの主体性です。親が激励しても良い道具を使っても、子どもが言われたことを黙々とやっているだけならアクティブ・ラーニングにはなりません。
親の役目はあくまで子どもが日常生活の中で課題に気づき、情報を集め、分析ができるように助けること。子どもが「どのくらい考え、その考えを伝えられたか」で評価する視点を忘れないようにしましょう。ITツールに頼らずとも、実践できることがたくさんあります。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS