2018年2月5日 更新

ヨーロッパなのに格安で英語留学できるマルタ留学が人気らしい

マルタ島を知っていますか。マルタ島はイタリアの南にある小いさな島です。小島なのにすぐ近くにあるゴゾ島と併せてミニ国家「マルタ共和国」を形成しているのです。一年中観光客で賑わうリゾート地なのですが、なんとここに語学留学のできる英語学校があるのです。

IELSで使われている教授法はコミュニケーティブ教授法で、この教授法では、英語を一つのツールと考えて、最大限に使うことを目的として授業を行っています。
IELSで使われている教授法はコミュニケーティブ教授法で、この教授法では、英語を一つのツールと考えて、最大限に使うことを目的として授業を行っています。
IELSではまた、語学留学中にマルタ島を知ってもらい、また生徒同士の交流を深める意味で、少額の参加費でできるバレッタ観光や近くの湾クルーズなどを企画しています。
IELSでは、日本人サポートスタッフもいますから、問い合わせも日本語で大丈夫です。
 (9786)

住所:Mattew Pulis Street, Sliema SLM 3052 Malta
電話:+356 2132 0381 
公式サイト:http://www.ielsmalta.com/jp

マルタのその他の語学学校

マルタにはIELSの他にも語学学校が複数ありますがその中でも人気があるのがECとシュプラッハカフェ・ランゲージ・プラスの概要をお伝えします。

EC

ECはセントジュリアンズにある語学学校の老舗。年齢別にコースがきめ細かく分かれ英語の学習をしっかり指導。日本人スタッフも複数サポートしているので安心。

住所:'Language House', Marguerite Mangion Street, St. Julians, STJ 3180, Malta
電話: +356 23 790000 / +356 23 790555 (予約)
公式サイト:https://www.ecenglish.com/en/school-locations/malta/learn-english-in-malta

シュプラッハカフェ・ランゲージ・プラス

セントジュリアンズの少し北にある語学学校で、校舎は以前リゾートホテルだった建物を改築したもの。そのためプールや植物園も備えています。1クラス10名という小数精鋭教授法が人気。ヨーロッパからの留学生が多い。ここにも日本人のサポートスタッフがいます。

住所: 6, Alamein Road, Pembroke PBK 1776, Malta
電話 :+356 2570 1000
公式サイト:http://www.sprachcaffe.com/japanese/main.htm

マルタでの滞在

気になるのが滞在先ですが、各語学学校では宿泊施設も準備しています。学校が管理している学生寮、ホームステイ、ホテルなどですが、学生寮は歩いて通学できる距離のところにあるので便利です。1人部屋もありますが、他の学生とシェアできる宿泊施設もあります。
 (9797)

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。
オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアの東海岸のシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストには一般的な英語の学習に、日本の小学校の英語指導者の資格の取れるコースを組み合わせたユニークな学校があります。
ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座