2019年4月29日 更新

今話題のサブスクリプションサービス!未来のサブスクとは

「Netflix」や「Hulu」「Apple music」など今や私たちの生活に定着している『サブスクリプション(定額制)サービス』。

gettyimages (37226)

2019.4.29
登場からわずか3年で市場規模は200億円を超え、動画や音楽といった無形の商材だけではなく、月額5,800円から新品の洋服をレンタルできる「メチャカリ」、月額6,800円で高級バッグが借り放題の「ラクサス」、月額2,980円で厳選した日本酒が月1本配送される『KURANDO CLUB』など物が届くサブスクリプションサービスも登場しています。
定額で好きなだけ利用できる手軽さとお得感から利用者も急速に増加しており、大注目のサービスなっています。
一方、そんな人気でお得なサービスだからこその課題も。
レンタルビデオ店に行って、観たいビデオが借りられていたという苦い経験をしたことはありませんか?
実は、そんな状態が現在のサブスクリプション市場でも起こっています。
利用者が増えると、人気の商品に利用希望が殺到し、順番待ちで”借りられない”という事態が起こります。ものによっては1つの商品に何十人もの順番待ちがあり、”希望の商品をいつ借りられるのか分からない”といった悲しい状況が生まれているのです。
だからこそ、サブスクリプションサービスを展開する企業には ” 個人個人のユーザーに最適なサービス ” を提供できるかが求められており、生き残りの鍵となっています。
そして現在、そんな未完の市場の空隙を埋めるように多様化されたサブスクリプションが現れ始めています。
今回は多様化するサブスクリプションサービスの中から、ユーザーのニーズに合わせた”オーダーメイド型”のサブスクリプションを紹介します。

借りたい時計をオーダーする、高級時計のサブスクリプションサービス

”所有”から”利用”へ、消費者の志向が大きく移り変わっている昨今、その時代の流れに多大な影響を受けているものがあります。
その一つが腕時計です。
これまで腕時計に対するイメージは所有するものでした。一種のステイタスにもなっています。しかし、今では”腕時計は所有するものではなく、レンタルするもの”へと変わりつつあります。お得に腕時計を借りて季節や場面に合わせて手軽に変えて楽しむ時代へと変化しつつあるのです。
腕時計のサブスクリプションサービスは既にいくつかあり、「バイセルハント」もその一つです。バイセルハントでは、ユーザーから借りたい時計のオーダー(申し込み)を受けてから、1週間から2ヶ月の間にハント(調達)され、貸し出されるサービス。そのため希望の商品が他のユーザーにレンタル中で借りられない状態が起こりません。これまでのサブスクリプションサービスでネックとなっていた「希望商品が借りられない」という課題を解決した新しいサービスです。借りられるまでのハント状況も適宜報告されるので、安心して待つことが出来ます。さらに”着けたい”時計を自分のためにハントしてきてくれるという特別感があるのも、オーダーメイド型のサブスクリプションサービスならではの楽しみといえます。
2019年2月にリリースされたばかりのサービスのため、現在はロレックスとウブロの2ブランドのみの展開ですが、これからハント依頼できるブランドのラインナップが増えていくそう。多様な高級時計を、ファッションや気分に合わせお得に試せるのは嬉しいですね。

自分のためのパーソナライズシャンプーが届く?!シャンプーのサブスクリプションサービス

gettyimages (37229)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

2019年10月20日という日は、日本ラグビー界にとって間違いなく記憶される日になるでしょう。そうです、この日は、9回目のW杯出場で初の準々決勝。しかも、前回大会で勝利をしている南アフリカ戦。日本中の期待が高まりましたが、結果は善戦したものの3−26で敗れました。しかし、今回のベスト8入りで日本代表BRAVE BLOSSOMSは大きな財産を得ました。その財産とは。
秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部