2019年2月8日 更新

DeNA南場智子 成功の研究 目指すはグーグル・アマゾン超え

ゲーム開発・SNS運営・電子商取引などで急成長を遂げ、今も右肩上がりに躍進を続けている「ディー・エヌ・エー/DeNA」の創立者南場智子会長は、常に時代の波を読み、時に波に呑まれながらも、ネット業界を牽引しています。彼女の成功の秘訣はどこにあるのでしょうか。

まとめ

DeNAの社名には、「eコマースの新しい遺伝子を世の中に広めていくDNAでありたい」という意味が込められています。南場氏はそのDNAは「挑戦」であり、DeNaは「永久ベンチャー」だと語っています。彼女が目標に定めるのは「グーグル・アマゾンなどの北米ベンチャー超え」であり、その挑戦は永久に続くと豪語する彼女のサバイバル精神が、いつかそれを実現する日が来ることでしょう。

gettyimages (30719)

参考文献:

Inverview:
「著名起業家時代を変えられるほどインパクトある企業にしたい」
https://v-tsushin.jp/interview/dena_35/

The Essence of BBT:
「なぜ南場智子氏は数々の危機を乗り越えられたのか?」
https://www.bbt757.com/pr/bbtch/75/

Wikipedia:
「南場智子」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%A0%B4%E6%99%BA%E5%AD%90

My Best Life:
「挑戦する生き方」
https://www.dreamgate.gr.jp/contents/case/interview/35577

外資就活:
「南場さん、『プロフェッショナリズムの塊』じゃなくなったって本当ですか?」
【進化版・南場智子氏に迫る(上)】
https://gaishishukatsu.com/archives/126593
https://gaishishukatsu.com/archives/126609

日経スタイル:
「稚拙でアホだった」復帰の南場智子氏すべてを語る DeNA創業者、初の自叙伝「不格好経営」
https://style.nikkei.com/article/DGXBZO55984730Y3A600C1000001

産経ニュース:
「ディー・エヌ・エー創業者・南場智子(51)(2)~父との距離感と増える腕時計」
https://www.sankei.com/economy/news/140107/ecn1401070046-n1.html

Logmi:
「一度きりの命を何に捧げるのか~
南場智子×藤田晋×熊谷正寿が見すえる、渋谷ビットバレー再興への道」
https://logmi.jp/business/articles/313275

エリカ・ド・ラ・シャルモント

フランス、パリ在住。 公職における本職の他、サイドビジネスとして翻訳・通訳・コーディネーター・ライター、 またフランスで不動産業を手掛け、フランスの雑誌編集にも携わっています。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部