2017年5月30日 更新

世界のVIP1000人のインタビューに学ぶ、トップリーダーたちが出会いの場でしている5つのこと

英ブレア元首相やマイケル・サンデル ハーバード大学教授をはじめ、世界のVIPをインタビューする経済キャスターでジャーナリストの谷本有香氏に、トップリーダーが最も大切にしている「出会い」の瞬間にしている5つのことを聞きました。

 (1008)

2015.6.13

■成功者は出会いの瞬間を何よりも大事にしている

世界のトップリーダーはまぎれもなく、世に名を残す成功者たちです。
彼らは、自身の優秀さに慢心することなく、研鑽を怠らず、常に時代の変化に合わせて進化し続ける努力家でもあります。

しかし、彼らは、努力だけでは成功の果実を得ることが出来ないという事実も知っています。
時に、自身の力ではあらがうことが出来ない運命が押し寄せてくることも、想像もつかないところで、暗黒がぽっかり口をあけて目の前に待ち受けていることも、経験から分かっています。

また、一方で、思いもよらぬ幸運が自身をどん底から引き揚げてくれることも知っています。そして、彼らはその「幸運」と呼ばれる運命的な巡り合わせが、すべて「人」からもたらされることも熟知しています。

だからこそ、彼らトップリーダーは「人」との出会いを何よりも大事にしているのです。

■「人」を介して幸運を受け取れる人、受け取れない人

運命というのは、どこでどう変わるかわかりません。
考えもしなかったタイミングで、思いもしなかった人に出会い、そこから想像もつかなかった人生が展開し始めるものです。
私が出会った多くの成功者の方々も、この「偶然」によってチャンスをつかんできたといいます。
そのチャンスをものにできるか否か、そこが成功の分かれ目でもあるのです。

つまり、大事なのは、今、あなたの目の前に現れたその「人」との縁をないがしろにしないこと。
もしかして、あなたに巨大な幸運を与えてくれるかもしれない、その相手との縁を最大化させること。

成功者といわれる彼らがしていたのは、その出会いの瞬間の重要性に気付き、そして、その出会った相手を魅了するということでした。
 (1014)

■「チャンス」を「成功」に変える「技術」

何故、人は皆、同じように出会いを重ねているのに、成功者たちはそれを「チャンス」に変えることが出来るのか。また、その「チャンス」をものにするために、何に気を付け、どんなアプローチをしているのか。
実はここにいくつかの共通点がありました。

1) 相手の名前を憶えて、呼びかける

彼らのような成功者から見て、恐らく出会う人のほとんどが自分に提供してくれるものは少ないであろう人たちを前に、彼らはベルトコンベアーの前を流れる人のように一様に扱ったりはしません。
個人として尊重し、きちんと向き合う。
そのために、相手の名前を一旦聞いたら忘れず、相手の名前を何度でも呼びかけるのです。

2)自ら「素」を見せる

初対面で、しかも、相手が成功者やトップリーダーとあらば、緊張しない人はいないでしょう。
そんな相手の緊張を見、中には、自分への敬意と捉え、自らの威厳を再認識する人もいるでしょう。

しかし、トップリーダーたちは違います。
この緊張によって、この後展開されるであろう、興味深い話も十分に楽しむことが出来ないことも、相手が自分に伝えたいことも伝わりにくくなることも彼らは知っているのです。

だから、あえて自身から「素」を見せる。
初対面の壁を取り払うような気持ちで向き合うのです。

それによって、初めての出会いを十二分に満喫し、そして、相手をより深く知れ、相手にも自分自身のことをよく理解してもらうことが出来るようになるのです。

3)楽しさを表現する

出会いや、その時になされる会話において、初対面であるほど、それはぎこちないものになりがちです。
そうすると、後には気まずさや、気恥ずかしさ、居心地の悪さが残ってしまうものです。

それらの不快な空気を、トップリーダーたちは残しません。

そのためにどうするか。
彼らは、今、目の前で起こっていることを十二分に楽しむのです。
相手の話に耳を傾け、その内容を満喫するのです。
そして何よりも、その楽しさや喜びを相手に確実に理解してもらえるよう、表現するのです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実はまだプロローグにすぎない―『えんとつ町のプペル』で僕が本当に伝えたいこと(にしのあきひろ)

実はまだプロローグにすぎない―『えんとつ町のプペル』で僕が本当に伝えたいこと(にしのあきひろ)

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」。 そんな、静かでありながら、刺激的なフレーズで始まる『えんとつ町のプペル』。制作期間4年半。総勢35人のクリエイターの「完全分業制」という常識破りのスタイルによってこの絵本はこの世に誕生した。
「いかに素早く“プランB”に切り替えられるか」。ハワイのカリスマコーディネーターのポジティブ思考とは?〜前編〜(マキ・コニクソン)

「いかに素早く“プランB”に切り替えられるか」。ハワイのカリスマコーディネーターのポジティブ思考とは?〜前編〜(マキ・コニクソン)

アメリカ・ハワイ在住のマキ・コニクソン。ハワイを拠点に、テレビや雑誌の撮影コーディネートを手がける。現場の雰囲気を一変させる底抜けに明るい人柄は、撮影スタッフはもちろん、芸能人やモデル、スポーツ選手たちを魅了する。
knyb |
夢をも越える自分になるために必要なこと(杉村太蔵)

夢をも越える自分になるために必要なこと(杉村太蔵)

派遣社員から26歳にして衆議院議員に。稀に見るシンデレラストーリーで国会議員にまで登りつめた男は、単なるラッキーボーイだったのだろうか? 実はそこには、人生の大いなる夢を自らの力で手繰り寄せるような確固たる信念があった。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座