2019年6月5日 更新

雨の日におすすめ!じっくり楽しめる豪華な「美術館・博物館」5選 

雨の季節になるとどうしても家に引きこもりがちに。でもそんな時こそじっくり楽しみたいのが美術館や博物館です。日本の各地には美術館・博物館がたくさんありますが、その中でも豪華で圧巻のおすすめ5選をご紹介します。

2019.6.4

東京国立博物館 - 日本や中国の古典美術に出会える

東京国立博物館は東京都内の上野公園に1872年に建てられた大型博物館。通称「トーハク」。上野公園は美術館や博物館が連立している所ですが、東京国立博物館は上野駅から行くと公園の一番奥にあるので、つい見逃してしまうことも。でも行って見るとそのスケールの大きさに驚かされます。建物はざっと数えただけでも本館、平成館、東洋館など全部で9つ。全部を回るのにはかなりの時間を要しますが、まずは本館。
博物館の本館は「日本ギャラリー」になっていて、日本の古典美術品が展示されています。1階には彫刻品、陶磁器、刀剣類が展示され、2階には縄文時代から江戸時代に至るまでの各時代の美術品が展示されています。あるものは何百年か前のもの、また何千年前に創作されたものもあります。その中には国宝や重要文化財に指定されたものも含まれています。普段は本や画像でしかみることのない洗練された素晴らしい日本の美術品。ぜひ堪能してください。

屏風エリアに展示された長谷川等伯の傑作「松林図屏風」。霧の中から何かが現れそうですね!そんなイメージを映像化したビデオが展示室の一角で上映されています。畳の上に座ってじっくり鑑賞できます。なお館内ではフラッシュを使わない限り写真撮影が許されています。
公式サイト:https://www.tnm.jp/
入場料: 一般620円、大学生410円

「象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~」 巨大象牙彫刻が圧巻!

©象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

「象牙と石の彫刻美術館 ~ジュエルピア~」は静岡県の伊豆高原にある美術館。文字通り象牙と石の彫刻が展示されています。象牙は今では売買が禁止されていますが、ここに集められたものは規制が敷かれるずっと前に中国で作られたものです。美術館を開設した山元さんご夫婦が仕事の関係で中国に渡り滞在していたときに蒐集し、後に日本に持ち帰ったものです。最初は伊豆半島の土肥に「象牙美術宝庫」という名前で開設しましたが2014年に現在の所に移転しました。

©象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

©象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

館内に展示されている作品は120点に及ぶ象牙彫刻が中心ですが、世界最大の宝石屏風や翡翠彫刻などもあります。どの作品も幅も高さもあるかなり大きいな物ばかり。 左の写真は30~50層の球が組み合わされて作られた「天球」と呼ばれる作品。手のひらに乗るくらいの大きさですが、親子2代掛けて作ったと言われています。各層が動くのがすごい!
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

開け放たれた窓から見えるのは、抜けるような空と海の青。室内の華やかな黄色。 降り注ぐ陽光に目を細めて大きく深呼吸したくなります。開放感とくつろぎ。幸せだ・・・
香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

手ぶらでキャンプもいいけれど、自分で用品をそろえて楽しむキャンプは、より思い出深いイベントとなりそうです。 初心者がキャンプ用品をそろえると、いくらくらいかかるでしょうか。なお、キャンプ用品には防災用として活躍できるものもあります。キャンプ用品の種類と相場についてご紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT
お金の教養講座