2019年6月5日 更新

雨の日におすすめ!じっくり楽しめる豪華な「美術館・博物館」5選 

雨の季節になるとどうしても家に引きこもりがちに。でもそんな時こそじっくり楽しみたいのが美術館や博物館です。日本の各地には美術館・博物館がたくさんありますが、その中でも豪華で圧巻のおすすめ5選をご紹介します。

2019.6.4

東京国立博物館 - 日本や中国の古典美術に出会える

東京国立博物館は東京都内の上野公園に1872年に建てられた大型博物館。通称「トーハク」。上野公園は美術館や博物館が連立している所ですが、東京国立博物館は上野駅から行くと公園の一番奥にあるので、つい見逃してしまうことも。でも行って見るとそのスケールの大きさに驚かされます。建物はざっと数えただけでも本館、平成館、東洋館など全部で9つ。全部を回るのにはかなりの時間を要しますが、まずは本館。
博物館の本館は「日本ギャラリー」になっていて、日本の古典美術品が展示されています。1階には彫刻品、陶磁器、刀剣類が展示され、2階には縄文時代から江戸時代に至るまでの各時代の美術品が展示されています。あるものは何百年か前のもの、また何千年前に創作されたものもあります。その中には国宝や重要文化財に指定されたものも含まれています。普段は本や画像でしかみることのない洗練された素晴らしい日本の美術品。ぜひ堪能してください。

屏風エリアに展示された長谷川等伯の傑作「松林図屏風」。霧の中から何かが現れそうですね!そんなイメージを映像化したビデオが展示室の一角で上映されています。畳の上に座ってじっくり鑑賞できます。なお館内ではフラッシュを使わない限り写真撮影が許されています。
公式サイト:https://www.tnm.jp/
入場料: 一般620円、大学生410円

「象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~」 巨大象牙彫刻が圧巻!

©象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

「象牙と石の彫刻美術館 ~ジュエルピア~」は静岡県の伊豆高原にある美術館。文字通り象牙と石の彫刻が展示されています。象牙は今では売買が禁止されていますが、ここに集められたものは規制が敷かれるずっと前に中国で作られたものです。美術館を開設した山元さんご夫婦が仕事の関係で中国に渡り滞在していたときに蒐集し、後に日本に持ち帰ったものです。最初は伊豆半島の土肥に「象牙美術宝庫」という名前で開設しましたが2014年に現在の所に移転しました。

©象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

©象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

館内に展示されている作品は120点に及ぶ象牙彫刻が中心ですが、世界最大の宝石屏風や翡翠彫刻などもあります。どの作品も幅も高さもあるかなり大きいな物ばかり。 左の写真は30~50層の球が組み合わされて作られた「天球」と呼ばれる作品。手のひらに乗るくらいの大きさですが、親子2代掛けて作ったと言われています。各層が動くのがすごい!
53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT