2019年5月31日 更新

自分のビジョンが明確になる!ミッションステートメントの作り方

成功している企業や個人の多くは、ビジョンを持っているものです。そしてそのビジョンを明確にするために役立つものが、”ミッションステートメント”の作成です。

2019.5.31

1 ミッションステートメントとは

ミッションステートメントとは、企業やその従業員が共有すべき価値観や、行動に関する指針・方針のことを意味します。
『7つの習慣 成功には原則があった!』の中で、著者のスティーブン・R・コヴィー氏は個人もこのミッションステートメントを作ることの重要性を説いています。あらゆる行動・選択においてミッションステートメントが、あたかも自分自身の”憲法”のように行動や選択の指針となるからです。

2 なぜビジョンを明確にするためにミッションステートメントが必要なのか

何かを成し遂げようとするならば、あるいは成功したいと思うなら、その将来の自分の姿を明確にする必要があります。その目標に向かって、迷わずに突き進む必要があるからです。
そして自分が目指すべき目標こそが、”ビジョンとなります。もし自分が何を成すべきなのか、どうすれば成功できるのかがわからないならば、このビジョンが明確に定まっていないのかもしれません。
しかしこのビジョンというものは、そう簡単には思い付くものではありません。その理由は、ビジョンとは自分自身が満足できる姿であり、満足するためには自分自身の価値観に沿った行動をしなければならないからです。
これはなぜでしょうか。心理学者マズローは、論文「人間の動機づけに関する理論」の中で人間の欲求は次の5つの段階に分かれると解説しています。
・第1 生理的欲求
・第2 安全の欲求
・第3 社会的(帰属)欲求
・第4 承認の欲求
・第5 自己実現の欲求
最後の自己実現の欲求に至ると、自分の”あるべき姿”を求めるようになると言われます。あるべき姿とは、自分自身の価値観に則した姿です。
アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンは、人生の目標として13の徳目を作り、毎日これを実行できているか手帳でチェックしたそうです。そこには、仕事を全うするためには、不変に正道を踏んで違わぬという自信を持つ必要があるという理由がありました。ここでいう”正道”とは、自身の価値観に則した行動のことです。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

一日二日では終わらない仕事。たとえば、原稿を締め切りまでに仕上げるといった中長期の仕事を管理するツールで思い浮かぶのは、カレンダーという人が多いのではないでしょうか。 今回は、タスク管理ツールでは珍しい、カレンダー表示機能のタスク管理ツール「Asana(アサナ)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部