2019年5月31日 更新

自分のビジョンが明確になる!ミッションステートメントの作り方

成功している企業や個人の多くは、ビジョンを持っているものです。そしてそのビジョンを明確にするために役立つものが、”ミッションステートメント”の作成です。

2019.5.31

1 ミッションステートメントとは

ミッションステートメントとは、企業やその従業員が共有すべき価値観や、行動に関する指針・方針のことを意味します。
『7つの習慣 成功には原則があった!』の中で、著者のスティーブン・R・コヴィー氏は個人もこのミッションステートメントを作ることの重要性を説いています。あらゆる行動・選択においてミッションステートメントが、あたかも自分自身の”憲法”のように行動や選択の指針となるからです。

2 なぜビジョンを明確にするためにミッションステートメントが必要なのか

何かを成し遂げようとするならば、あるいは成功したいと思うなら、その将来の自分の姿を明確にする必要があります。その目標に向かって、迷わずに突き進む必要があるからです。
そして自分が目指すべき目標こそが、”ビジョンとなります。もし自分が何を成すべきなのか、どうすれば成功できるのかがわからないならば、このビジョンが明確に定まっていないのかもしれません。
しかしこのビジョンというものは、そう簡単には思い付くものではありません。その理由は、ビジョンとは自分自身が満足できる姿であり、満足するためには自分自身の価値観に沿った行動をしなければならないからです。
これはなぜでしょうか。心理学者マズローは、論文「人間の動機づけに関する理論」の中で人間の欲求は次の5つの段階に分かれると解説しています。
・第1 生理的欲求
・第2 安全の欲求
・第3 社会的(帰属)欲求
・第4 承認の欲求
・第5 自己実現の欲求
最後の自己実現の欲求に至ると、自分の”あるべき姿”を求めるようになると言われます。あるべき姿とは、自分自身の価値観に則した姿です。
アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンは、人生の目標として13の徳目を作り、毎日これを実行できているか手帳でチェックしたそうです。そこには、仕事を全うするためには、不変に正道を踏んで違わぬという自信を持つ必要があるという理由がありました。ここでいう”正道”とは、自身の価値観に則した行動のことです。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部