2019年5月31日 更新

自分のビジョンが明確になる!ミッションステートメントの作り方

成功している企業や個人の多くは、ビジョンを持っているものです。そしてそのビジョンを明確にするために役立つものが、”ミッションステートメント”の作成です。

2019.5.31

1 ミッションステートメントとは

ミッションステートメントとは、企業やその従業員が共有すべき価値観や、行動に関する指針・方針のことを意味します。
『7つの習慣 成功には原則があった!』の中で、著者のスティーブン・R・コヴィー氏は個人もこのミッションステートメントを作ることの重要性を説いています。あらゆる行動・選択においてミッションステートメントが、あたかも自分自身の”憲法”のように行動や選択の指針となるからです。

2 なぜビジョンを明確にするためにミッションステートメントが必要なのか

何かを成し遂げようとするならば、あるいは成功したいと思うなら、その将来の自分の姿を明確にする必要があります。その目標に向かって、迷わずに突き進む必要があるからです。
そして自分が目指すべき目標こそが、”ビジョンとなります。もし自分が何を成すべきなのか、どうすれば成功できるのかがわからないならば、このビジョンが明確に定まっていないのかもしれません。
しかしこのビジョンというものは、そう簡単には思い付くものではありません。その理由は、ビジョンとは自分自身が満足できる姿であり、満足するためには自分自身の価値観に沿った行動をしなければならないからです。
これはなぜでしょうか。心理学者マズローは、論文「人間の動機づけに関する理論」の中で人間の欲求は次の5つの段階に分かれると解説しています。
・第1 生理的欲求
・第2 安全の欲求
・第3 社会的(帰属)欲求
・第4 承認の欲求
・第5 自己実現の欲求
最後の自己実現の欲求に至ると、自分の”あるべき姿”を求めるようになると言われます。あるべき姿とは、自分自身の価値観に則した姿です。
アメリカ建国の父と呼ばれるベンジャミン・フランクリンは、人生の目標として13の徳目を作り、毎日これを実行できているか手帳でチェックしたそうです。そこには、仕事を全うするためには、不変に正道を踏んで違わぬという自信を持つ必要があるという理由がありました。ここでいう”正道”とは、自身の価値観に則した行動のことです。
44 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部