2019年8月28日 更新

子どもから好かれる人と、そうでない人との違いは何?5つの特徴

子どもから好かれる人と好かれない人、この差は明らかにありますね。私と家内は、以前から初対面の子どもになぜか好かれる人でした。不思議なことに、これは国内でも海外でも変わりません。今日は子どもに好かれる人と、そうでない人との違いを調べてみました。

2019.8.28

子どもに好かれる人、好かれない人は確かにいる?

gettyimages (45750)

子どもに好かれる人、好かれない人の違いは、経験上確かにありそうです。比較的最近でも、ビンタン島(インドネシア)のリゾートホテルにステイした際も、高雄(台湾)・小港空港のラウンジを使った際も、那覇(沖縄県)のショッピングコンプレックスに立ち寄った際も、初めて会った幼稚園〜小学校低学年くらいの子どもたちがなぜか寄ってきて、いつまでも絡もうとして離れなかったりしたものです。
子どもたちが周囲の他の大人たちにも同じような態度を見せていたのかと言うと、それは全く違います。子どもに好かれる人は「丸顔」とも言われますが、私や家内には当て嵌まらないですね。一説では、「ドラえもん」や「アンパンマン」などアニメのキャラクターが丸顔主流なのも、子どもに受け容れられやすい設定ということのようです。ちなみに、私も家内も保育など、子どもに関する専門教育を受けた経験は全くありません。

子どもに好かれる人の5つの特徴とは?

gettyimages (45757)

同じような状況の下で子どもと接してみても、好かれる人/好かれない人の違いは明らかにありそうです。そもそも、子どもや赤ちゃんに好かれる人には、共通の特徴があるようなのです。以下、5つに整理してみました。

1.表情が豊か

表情が豊かな方は、内面が表に出やすい人だと言えます。つまり、何を考えているのか、周りから見て分かりやすい人です。本能的に子どもは、向き合っている大人が今どんなメンタル状態でいるのか、自分を受け容れてくれそうな人なのかを常に観察していると言います。表情が笑顔であったり、自分に好意を持ってくれている雰囲気が表情に現れていたりすれば、自ずと子どもは安心し、好かれる人になりやすいようです。
私の場合、「デフォルト笑顔だよね!」と10代の頃から周囲に言われてきましたし、家内も基本的に笑顔でいる時間が多いタイプと感じますね。ただし、目が笑っていない「作り笑顔」は、子どもは瞬間的に見抜くようです。

2.アクションが大きい

子どもに好かれる人は、アクションが大きい傾向にある場合が多いようです。多少動作が大袈裟な方が子どもの目を惹きやすいしですし、子どもも反応を表しやすいからでしょう。大袈裟な動作だからこそ、周りの子どもが興味を抱き、絡んでみたくなるキッカケが生まれるのですね。言わずもがな、周囲を笑わせるのが得意な方であれば、子どもから好かれる人になりやすい訳です。
例えば、お笑い芸人の皆さんのアクションをイメージしてみると参考になるでしょう。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

日本最大級の総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーは、2019年9月29日(日)に東京丸の内にて、初となる40〜50代の働く女性を対象とした、定年後の人生や働き方を考える参加型セミナー『オンナの定活セミナー』 を開催することを決定しました。
社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

“「遊んでいないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?” そんな美術展の問いかけに、ちくちくと心を刺された秋のはじめ。
ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ワイン好きな同僚や上司のプレゼントにワインを贈りたいが、相手の好みが分からずに迷っている。結局渡せなかったということはありませんか。ワインを選ぶことは難しくありません。ワインはメッセージ性を付加しやすいので、うまく選べば感動につながります。今回はワインを贈る時の選び方について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部